仏像図彙

仏像図彙ぶつぞうずい)は、江戸時代に描かれた仏画集。全5巻。土佐秀信画。元禄3年(1690年)の刊。

仏像図彙

如来菩薩から鬼神、暦神、習合神に至るまで、諸仏の図像を載録し、さらに仏具祭器を描いて、画師の参考書としたもの。内容には誤りもあり、種々の批判を受けつつも、寛政4年(1792年)には増補改訂され「増補諸宗 仏像図彙」として再版された。署名は大阪の人で土佐将曹紀秀信とあり、初版の跋文には指月軒義山とある。

外部リンク

参考文献

  • 平凡社大百科事典 第22巻(1935年)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.