今橋朗

今橋 朗(いまはし あきら、1932年 - 2014年1月27日[1])は、日本の牧師、元・日本聖書神学校長。

経歴

東京に生まれる。1949年リーベンゼラ教会連合久が原福音教会で洗礼を受ける。1955年慶應義塾大学経済学部卒業、1959年東京神学大学大学院で旧約神学を専攻して、修士課程を修了する。1967年にアメリカに渡りギャレット神学校に留学。キリスト教教育礼拝学を学ぶ。

その後、日本基督教団大井金子教会、南久が原教会伝道師を経て、蒔田教会牧師になる(1961年 - 2008年)。

また、日本基督教団教育委員長、神奈川教区総会議長、教団総会書記、世界教会協議会信仰職制常任委員等を務める。

蒔田教会の牧会と同時に、日本聖書神学校で実践神学を教え、学校長を務めた(2008年 - 2012年)。日本基督教団讃美歌委員も長年歴任した。

著訳書

単著

  • 『私たちの「創世記」 高校生のための「創生記」講解』新教出版社つのぶえ文庫、1967年
  • 『礼拝を豊かに-対話と参与-』日本基督教団出版局、1995年
  • 『よくわかるキリスト教の暦』キリスト新聞社 2003年
  • 『シンボルで綴る聖書』日本キリスト教団出版局 2010年

共編著

  • 『キリスト教教育辞典』高崎毅,山内一郎共編 日本基督教団出版局 1969年
  • 『クリスマス劇集』四竈揚共編 日本基督教団出版局 1974年
  • 『神学諸科入門 第1分冊』西村俊昭共編 日本聖書神学校 1990年
  • 『よくわかるキリスト教の教派』徳善義和共著 キリスト新聞社 1996年
  • 『よくわかるキリスト教の音楽』川端純四郎,長谷川朝雄共編 キリスト新聞社 2000年
  • 『牧会ってなんだ? 現場からの提言』越川弘英編著 禿準一,古賀博,平野克己,増田琴共著 キリスト新聞社 2008年 現代の教会を考えるブックレット
  • 『深い淵から 希望と慰めのみことば』編 日本キリスト教団出版局 2011年

訳書

  • L.M.ラッセル『キリスト教教育の革新』岸本羊一,山内一郎共訳 新教出版社 1971年
  • G.E.ライト,R.H.フラー『現代聖書入門 旧約・中間時代』十時英二共訳 日本基督教団出版局 1978年

出典

  1. CCC元理事長・今橋 朗氏逝去”. 2016年2月3日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.