仁摩サンドミュージアム

仁摩サンドミュージアム(にまサンドミュージアム)は、島根県大田市仁摩町天河内にある砂の博物館である。

仁摩サンドミュージアム
施設情報
専門分野 科学(砂に関する事象)
開館 1991年3月3日
所在地 699-2305
島根県大田市仁摩町天河内975
位置 北緯35度8分47秒
東経132度24分17秒
プロジェクト:GLAM

施設

「鳴り砂」で知られる琴ヶ浜にちなんでつくられた、全国でも珍しい砂の博物館で、大小6基の建物内で、砂に関する様々な展示物を見学できる。世界最大の一年計砂時計は高さ5mを誇る。

建物はガラス張りの6つのピラミッド群からなっており、仁摩町出身者である高松伸の設計による。

仁摩サンドミュージアム

  • タイムホール(一年計砂時計「砂暦」の展示のほか砂のオブジェの展示があり、「鳴り砂」についての詳細な解説がなされている)
  • AVホール
  • アートギャラリー

ふれあい交流館

仁摩サンドミュージアムの別館で、砂時計やガラス製品のショップがあり、ガラス工芸体験ができる。

「鳴り砂」はガラスの原料になる石英が主体となっている。そのため「ふれあい交流館」にガラス工芸体験のコーナーが設置されている。1階の壁には、チェコの伝統工芸であるボヘミアガラスが展示されている。

  • ガラス工房・展示コーナー
  • 受付・案内・商品販売コーナー

世界最大の砂時計 砂暦(すなごよみ)

琴ヶ浜の「鳴り砂」の保全と環境保護を願い設置された「一年計砂時計」。「砂暦(すなごよみ)」と名付けられた大砂時計で、1tの砂を一年かけて落とす世界最大の砂時計。全長5.2m、直径1mというジャンボ容器を使い、1tもの砂がわずか直径0.84mmのノズルから刻々と落ちている。

砂は山形県西置賜郡飯豊町遅谷の鳴り砂を選定し、1秒間に0.032g、1時間に114g、1日で2,740gの砂が、コンピューター制御によって時を刻んでいる。砂暦は、同志社大学名誉教授(粉体工学)であった、故三輪茂雄氏が監修し、3年かけて完成した。費用の1億円は、ふるさと創生事業から拠出された[1][2]

式典に集まった旧・仁摩町民がロープによって反転させ1991年1月1日から動き始めた。

オープン時よりギネスブックに登録はされていなかったが、ギネスブック出版元の日本窓口からの打診を受け2015年発行の「ギネス世界記録2016」に掲載された[3]

なお、鳥取駅前に鳥取砂丘の砂を用いた日本最大の砂時計(全長6mの一時間計)を作る計画がある[4][5]

時の祭典

毎年、12月31日から1月1日にかけて「時の祭典」が開かれており、一年計砂時計をロープで反転させるイベントが催されている。

博物館の歴史

館内の様子

アクセス

脚注

参考文献

関連項目

  • 琴ヶ浜 - 近辺にある鳴り砂の砂浜。
  • 砂時計 - ドラマおよび映画のロケ地として使用された。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.