仁宣王后

仁宣王后 張氏(じんせんおうこう・ちょうし/インソンワンフ・チャンシ、1619年2月9日 - 1674年3月19日)は、李氏朝鮮第17代王孝宗王妃。第18代王顕宗の母。本貫は徳水張氏。新豊府院君・右議政張維の娘。

仁宣王后
朝鮮王妃
別称号 孝粛貞範敬烈明献仁宣(諡号)

出生 万暦46年12月25日
1619年2月9日
死去 康熙13年2月23日
1674年3月19日
埋葬 寧陵
配偶者 孝宗
子女 顕宗、淑慎公主、淑安公主、淑明公主、淑微公主、淑静公主、淑敬公主
氏族 徳水張氏
父親 張維
母親 安東金氏

生涯

1619年2月9日、張維の娘として生まれた。仁祖の次男である鳳林大君と嘉礼を上げ豊安郡夫人の爵号を受け、夫である鳳林大君瀋陽で8年間の人質生活をして帰って来た。

1645年昭顕世子が死亡すると、夫の、鳳林大君は、世子になり、それに伴い、張氏は、世子嬪となった。1649年仁祖が崩御し、夫の、鳳林大君が孝宗として即位すると、張氏は、王妃に冊封される。

1659年、夫の孝宗崩御し、息子である顕宗が即位すると、王大妃となり、1662年、孝粛(ヒョスク)の尊号を受け、孝粛王大妃とされ、12年後の1674年に55歳で死去。

その後、荘烈王后の喪服期間を巡って、礼訟問題が起こった。京畿道驪州市にある寧陵で、夫の孝宗と共に埋葬された。

家族

子女

他にも子は二人いたが、いずれも早世した。

登場作品

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.