京都エクスプレス (京都 - 岡山・倉敷線)

京都エクスプレス(きょうとエクスプレス)は京都府京都市岡山県赤磐市岡山市倉敷市を結ぶ高速バス路線である。

京都エクスプレス(両備バス)
京都エクスプレス(両備バス)

全便座席指定制のため、乗車には予約が必要(ローソンファミリーマートでも予約発券ができる)。

歴史

  • 2001年10月27日 両備ホールディングス(両備バス)、下津井電鉄(下電バス)の2社により、京都駅(八条口・新都ホテル前) - 倉敷駅北口間で1日2往復で運行開始。
  • 2002年6月1日 1日2往復から4往復に増便。
  • 2004年6月1日 4往復のうち2往復を下電バス児島営業所まで延長。
  • 2004年8月1日 岡山インターに停車開始。
  • 2006年4月1日 1日5往復に増便。山陽IC赤磐市)に停車開始。下電バス児島営業所発着を1日2往復から1往復に減便。
  • 2009年8月1日 1日7往復に増便し、京阪京都交通が1往復運行に参入。同時に京都駅の乗り場が八条口・新都ホテル前から烏丸口C2乗り場へ変更され、JR児島駅への停車を廃止。
  • 2010年6月1日 岡山駅前の乗り場をドレミの街(10番乗り場)から岡山駅西口バスターミナル(24番乗り場)へ変更。
  • 2010年8月1日 ポイントカード導入
  • 2014年4月1日 倉敷駅北口 - 下電バス児島営業所間を廃止し、岡山インターの停留所を両備バス・岡山IC停留所から下電バス・津高停留所へ変更。
  • 2016年12月15日 京都駅の乗り場を烏丸口C2乗り場から八条口F3乗り場に再び変更。
  • 2019年9月30日 ポイントカード発行廃止(発行済ポイントカードへの押印期限2020年2月29日、ポイントカードの利用期限2020年3月31日) 
  • 2020年4月8日 新型コロナウイルス感染症の流行に伴い全便運休。
  • 2020年6月19日 この日より両備・下電各2往復(京阪京都の担当便はなし)の減便運行で再開。
  • 2021年1月12日 再び全便運休。

運行会社

  • 京阪京都交通
  • 下津井電鉄(下電バス)
    • 興除営業所が3往復担当。
  • 両備ホールディングス(両備バス)
    • 両備バスカンパニー倉敷営業所が3往復担当。
    • 京阪京都交通の岡山側運行支援も担当。
    • 京都側の運行支援は両備バス関西カンパニー京都支店が担当。

※岡山での予約・発券業務は岡山電気軌道でも可能。

停車停留所

▼…下りは乗車のみ、上りは降車のみの扱い
▲・△…上りは乗車のみ、下りは降車のみの扱い(白は一部便のみ運行)
停車停留所名停留所所在地 備考
京都駅八条口京都府京都市下京区F3乗り場に停車
山陽IC岡山県赤磐市料金所外の両備バス駐車場に停車
津高(シモデン津高駐車場)岡山市北区 
岡山駅西口岡山駅西口バスターミナル24番乗り場に停車
倉敷駅北口倉敷市3番乗り場に停車
※途中、倉敷行きは龍野西SA、京都行きは三木SAで、30分休憩。
※但し渋滞若しくは時間調整により休憩時間&休憩地が変更される場合もある。

運行経路

運行回数

  • 昼行7往復

車内設備

  • 4列シート
  • フットレスト
  • レッグレスト
  • トイレ
  • おしぼり
  • 毛布
  • 読書灯
  • スリッパ

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.