五香粉

五香粉(ごこうふん、ウーシャンフェン)は、中国のほぼ全ての地域の料理で主に使われる5つ以上の香辛料からなる混合香辛料であり、その他のアジア料理[1]やアラビア料理でも頻度は低いものの使われる。

五香粉
各種表記
繁体字 五香粉
簡体字 五香粉
拼音 Wŭxiāngfĕn
注音符号 ㄨˇ ㄒ|ㄤ ㄈㄣˇ
発音: ウーシャンフェン
英文 five-spice powder

5種類のスパイスをブレンドしたものと明示されることも多いが[2][3]、この5種類のスパイスに限られているわけではない。市販品の場合でも、メーカーによって使用するスパイスは異なり、それぞれの配合割合も異なる。開高健によれば、五香粉の五とは「多い」「複雑」などの意味だという[4]

材料の臭み消しや香りつけに用いられる。

排骨の様にカレー粉で代用することもある。

原料

五香粉(中央)の一般的な原料は(左上から時計回りに)肉桂小茴香八角花椒丁香である。

多くのレシピが存在するが、一般的な原料[5]

である。その他のレシピでは、アニスの種子、生姜ナツメグウコン砂仁白豆蔻カルダモン類)、甘草陳皮ガランガルが使われることもある。

中国南部では、サイゴンシナモン(Cinnamomum loureiroi)と陳皮が、肉桂と丁香の代替品として一般的に使われる。

引用文献

  1. High Five: Chinese Five Spice Powder”. Foodreference.com (2009年1月21日). 2012年2月9日閲覧。
  2. 『アンアン料理帖・秋』マガジンハウス, 2011年, p.74
  3. 喜多尾祥之『魔味探求 五感が覚醒、男の深夜めし。』マガジンハウス, 2008年, p.108
  4. 開高健『最後の晩餐』文藝春秋, 1979年, p.236
  5. Chinese Five Spice at The Epicentre
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.