二方郡

兵庫県二方郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

二方郡(ふたかたぐん)は兵庫県但馬国)にあった

郡域

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史

式内社

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
二方郡 5座(並小)
二方神社フタカタノ(廃絶)古社地:兵庫県美方郡新温泉町指杭
合祀:指杭兵主神社兵庫県美方郡新温泉町指杭
大家神社オホイヘノ
オイヘ
大家神社兵庫県美方郡新温泉町二日市
大歳神社オホトシ大歳神社兵庫県美方郡新温泉町居組
面沼神社メヌノ面沼神社兵庫県美方郡新温泉町竹田
須加神社スカノ須賀神社兵庫県美方郡新温泉町宮脇
凡例を表示

    近世以降の沿革

    知行 村数 村名
    幕府領 幕府領 25村 久谷村、赤崎村、浜坂村、釜屋村、居組村、戸田村、七釜村、千原村、越坂村、内山村、前村、石橋村、岸田村、和田村、清富村、福富村、二日市村、芦屋村、諸寄村、三谷村、栃谷村、鐘尾村、千谷村、海上村、湯村
    藩領 但馬豊岡藩 29村 高末村、対田村、田井村、新市村、熊谷村、伊角村、宮脇村、丹土村、多子村、切畑村、春来村、境村、用土村、金屋村、辺地村、正法庵村、指杭村、古市村、檜尾村、井土村、細田村、竹田村、塩山村、飯野村、中辻村、桐岡村、柤岡村、歌長村、今岡村
    11.温泉村 12.照来村 13.八田村 14.大庭村 15.東浜村 16.西浜村(橙:美方郡新温泉町 1 - 5は七美郡)
    • 慶応4年
    • 明治4年
    • 明治9年(1876年8月21日 - 第2次府県統合により兵庫県の管轄となる。
    • 明治12年(1879年1月8日 - 郡区町村編制法の兵庫県での施行により、行政区画としての二方郡が発足。「七美二方郡役所」が七美郡村岡町に設置され、同郡とともに管轄。
    • 明治22年(1889年) - 町村制の施行により、以下の各村が発足。全域が現・新温泉町。(6村)
      • 温泉村 ← 春来村、歌長村、湯村、細田村、竹田村、井土村、今岡村、金屋村、熊谷村、伊角村、檜尾村
      • 照来村 ← 飯野村、塩山村、中辻村、丹土村、桐岡村、多子村、切畑村
      • 八田村 ← 千原村、鐘尾村、千谷村、宮脇村、越坂村、海上村、前村、石橋村、内山村、岸田村
      • 大庭村 ← 用土村、古市村、新市村、七釜村、栃谷村、三谷村、戸田村、二日市村、福富村、対田村、久谷村、高末村、正法庵村、辺地村、藤尾村[2]、境村
      • 東浜村 ← 浜坂村、芦屋村、清富村、田井村、指杭村、赤崎村、和田村、三尾村[3]
      • 西浜村 ← 諸寄村、釜屋村、居組村
      • 柤岡村が七美郡射添村の一部となる。
    • 明治24年(1891年12月11日 - 東浜村が町制施行・改称して浜坂町となる。(1町5村)
    • 明治29年(1896年4月1日 - 郡制の施行のため、「七美二方郡役所」の管轄区域をもって美方郡が発足。同日二方郡廃止。

    脚注

    1. 旧高旧領取調帳」は但馬国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書11 旧高旧領取調帳 近畿編」(近藤出版社、1975年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。
    2. 辺地村の枝郷。本項では村数に数えない。
    3. 赤崎村の枝郷。本項では村数に数えない。

    参考文献

    関連項目

    先代:
    -----
    行政区の変遷
    - 1896年
    次代:
    美方郡
    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.