二十四史

二十四史(にじゅうしし)とは、中国王朝正史24書のことである。伝説上の帝王「黄帝」から滅亡の1644年までの歴史を含む。

概要

二十四史は乾隆帝によって定められた。

中華民国期に至って、元史を改めた『新元史』が編纂され、政府によって正史に加えられて二十五史となった。しかし、『新元史』のかわりに、同じく民国期の編纂による『清史稿』を数えて「二十五史」とする場合もあり、一定しない。『新元史』『清史稿』をともに含めた「二十六史」という呼び方もされている。

また、第二次世界大戦後1961年台湾国民政府の手によって『清史稿』を改訂して正史としての『清史』が編纂されたが、北京中華人民共和国政府は、同書が中国国民党の史観によって『清史稿』を改悪したものであるとしてその存在価値を認めていない。中華人民共和国は国家清史編纂委員会を立ち上げ、独自の『清史』を2002年より編纂中。当初は2013年の完成を予定していたが、内容に万全を期するため、何度か先送りされている。2019年現在、当年中の完成を見込んでいる。

二十四史一覧

二十四史
  書名 作者 巻数
1 史記前漢司馬遷 130
2 漢書後漢班固 100
3 後漢書南朝宋范曄 120
4 三国志陳寿 65
5 晋書房玄齢 130
6 宋書南朝斉沈約 100
7 南斉書南朝梁蕭子顕 59
8 梁書姚思廉 56
9 陳書姚思廉 36
10 魏書北斉魏収 114
11 北斉書李百薬 50
12 周書令狐徳棻 50
13 隋書魏徴長孫無忌 85
14 南史李延寿 80
15 北史李延寿 100
16 旧唐書後晋劉昫 200
17 新唐書北宋欧陽脩宋祁 225
18 旧五代史北宋薛居正 150
19 新五代史北宋欧陽脩 74
20 宋史トクト(脱脱)他 496
21 遼史トクト(脱脱)他 116
22 金史トクト(脱脱)他 135
23 元史宋濂 210
24 明史張廷玉 332

関連項目

外部リンク

  • 漢籍電子文獻 - 二十五史を含めた漢籍を参照することができる。(中文)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.