中部方言 (朝鮮語)

中部方言(ちゅうぶほうげん)とは、朝鮮半島の中部地方で使われる朝鮮語の方言である。詳しくは京畿道方言、嶺東方言、忠清道方言、黄海道方言に分けられる。現代韓国語の標準語の主な土台となった。

現代の大韓民国(韓国)では、京畿道方言を中心に特徴的な語彙は相当消えて、音韻的特性が多少残っている程度である。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)地域では、中部方言の特徴が比較的よく保存されており、今日では中部方言が黄海北道北部まで広がっている。中部方言が、北朝鮮が設定した咸鏡-江原境界より北に浸透して永興、高原、耀徳、寿洞などに使われるとされる場合もある。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.