中谷元

中谷 元(なかたに げん、1957年10月14日 - )は、日本男性政治家。元陸上自衛官二等陸尉レンジャー)。自由民主党所属の衆議院議員(10期)。自由民主党高知県連会長[1]

中谷 元
なかたに げん
生年月日 (1957-10-14) 1957年10月14日(63歳)
出生地 高知県高知市
出身校 防衛大学校本科理工学専攻(24期)
前職 陸上自衛官
加藤紘一秘書
今井勇秘書
宮澤喜一秘書
所属政党 自由民主党谷垣グループ
親族 中谷貞頼(祖父)

第14代 防衛大臣
内閣 第3次安倍内閣
第3次安倍第1次改造内閣
在任期間 2014年12月24日 - 2016年8月3日

内閣 第3次安倍内閣
在任期間 2014年12月24日 - 2015年10月7日

第67代 防衛庁長官
内閣 第1次小泉内閣
在任期間 2001年4月26日 - 2002年9月30日

選挙区高知県全県区→)
高知2区→)
高知1区
在任期間 1990年2月19日 - 現職
当選回数 10回
中谷 元
所属組織 陸上自衛隊
軍歴 1980年 - 1984年
最終階級 二等陸尉
除隊後 衆議院議員

防衛庁長官第67代)、防衛大臣第14代)、安全保障法制担当大臣(第3次安倍内閣)、衆議院総務委員長自由民主党副幹事長(特命担当)などを歴任した。

祖父は、実業家で戦前立憲政友会に所属し衆議院議員を務めたこともある中谷貞頼[2]

来歴

2002年2月、デニス・C・ブレアアメリカ太平洋軍司令官(右)へ勲一等旭日大綬章を伝達する中谷元防衛庁長官(左)

高知県高知市生まれ。土佐高等学校防衛大学校本科理工学専攻卒業(24期)、陸上自衛隊3尉任官。同期には番匠幸一郎田邉揮司良磯部晃一松尾幸弘福田築などがいる。防衛大学校在校中はラグビー部に所属。第20普通科連隊小銃小隊長、第1空挺団空挺教育隊レンジャー教官を経て2尉で退官。その後加藤紘一今井勇宮澤喜一衆議院議員の秘書を務めた[3]

1990年第39回衆議院議員総選挙自由民主党公認で高知県全県区(定数5)から出馬し、得票数2位で初当選した。1993年第40回衆議院議員総選挙では、高知県全県区でトップ当選する。村山改造内閣国土政務次官1996年第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制の導入に伴い高知2区から出馬し、2012年第46回衆議院議員総選挙まで、高知2区で6期連続当選。

2000年第2次森内閣自治総括政務次官に就任したが、加藤の乱では第2次森内閣不信任決議案に賛成票を投じる意向を示した加藤紘一に同調[4]。結果的に加藤派山崎派の造反は不調に終わったが、中谷は不信任案の採決では欠席した[5]

2001年第1次小泉内閣において歴代最年少で防衛庁長官に任命され、当選4回で初入閣した[6]。防衛大学校・陸上自衛官出身者で防衛庁長官に就任したのも中谷が初であった[6]ため、野党などからは日本国憲法第66条2項の文民統制との関連について疑問の声もあがった[7]2005年衆議院総務委員長に起用される。

2011年3月、自由民主党高知県連会長選挙への立候補を表明。これに対して現職の山本有二も出馬を表明し[8]2004年に会長を公選する規定が導入されていたため、初の会長選挙が実施され[9]、中谷が県連会長に選出された。

2012年10月、宏池会を退会し、総裁を退任して間もない谷垣禎一を中心に結成された勉強会「有隣会」に参加した[10]。同年12月、石破茂の下で自由民主党副幹事長(特命担当)に起用される。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、選挙区の区割り変更に伴い、新設された高知1区から出馬。日本共産党元職の春名直章らを破り、9選。選挙後に発足した第3次安倍内閣では、政治資金問題を理由に再任を辞退した江渡聡徳の後任の防衛大臣安保法制の担当大臣も兼務)に任命され、13年ぶりに2度目の入閣[11]安全保障関連法案の審議を巡っては、答弁が不安定な場面もあり批判を浴びた[12]2015年6月5日の衆議院平和安全特別委員会の答弁で安全保障関連法案について「現在の憲法をいかにこの法案に適用(「適応」とする報道もある)させていけば良いのかという議論を踏まえて、閣議決定をおこなった」と答弁したことに法律を憲法の上位に置くもの、立憲主義を理解していないものとして批判が集中した[13]2016年8月3日内閣改造に伴い防衛相を離任する。翌4日の記者会見では、安全保障関連法の国会審議を振り返り、感極まって号泣した[14]

2017年(平成29年)6月3日森友学園問題加計学園問題に関連して、安倍首相に「あいうえおの5文字を贈りたい。あせらず、いばらず、うかれず、えこひいきをせず、おごらず。」と苦言を呈するとともに、政治の公正性と中立性を強く主張した[15][16]

2017年(平成29年)7月2日東京都議会選挙で自民党が歴史的な大敗北を喫した後は、都議選惨敗を引き起こしたとして、暴言・暴行疑惑が報じられ自民党から離党した豊田真由子衆院議員(Toyota)、加計学園関連極秘文書疑惑の萩生田光一内閣官房副長官Hagiuda)、選挙期間中に失言の稲田朋美防衛相(Inada)、加計学園からのヤミ献金疑惑の下村博文東京都連会長(Shimomura)の4人のイニシャルをもじり「THIS is 大打撃」と評した[17][18]。また、7月7日には安倍首相に「政治家は人の意見を聞く耳が大事。特に『かきくけこ』で人の言うことを聞くべきだ。」「かきくけこは、家内(妻)の言うこと、厳しい意見、苦情、見解の異なる人、こんな人たち」と指摘し、都議選の応援演説で自らに野次を飛ばした聴衆に「こんな人たち」と発言した安倍首相に苦言を呈するとともに、多元主義の尊重を強く主張した[19]

7月6日、稲田朋美防衛相ら防衛省政務三役が平成29年7月九州北部豪雨対策中に防衛省に一時不在だった問題では、7月8日収録のTBS時事放談」に出演し「考えられない」と批判した[20]

政策・主張

憲法改正

消費税増税

  • 2012年の公開アンケートにおいて、消費税2014年4月に8%、2015年10月に10%まで引き上げる法律が成立したことについて「法律通りに引き上げるべきだ」と回答している[22]
  • 2014年の公開アンケートにおいて、「2017年4月に消費税率を10%に引き上げるべきだ」と回答している[23]
  • 2017年の公開アンケートにおいて、消費税2019年10月に10%に引き上げることについて「賛成」と回答している[24]
  • 「消費税0%の検討」を掲げた『国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言』に賛同している[25]

その他

政治資金

農林水産省所管の独立行政法人緑資源機構」の官製談合事件に関連し、同機構から工事を受注する業者らでつくる任意団体「特定森林地域協議会」の政治団体「特森懇話会」から40万円の献金を受けていた[28]

所属団体・議員連盟

著書

  • 『右でも左でもない政治 リベラルの旗』幻冬舎、2007年 ISBN 978-4344014237
  • 『誰も書けなかった防衛省の真実』幻冬舎、2008年 ISBN 978-4344014770
  • 『なぜ自民党の支持率は上がらないのか 政変願望』幻冬舎、2012年 ISBN 9784-344021952

人物

関連項目

  • 中谷真一 - 同じく陸上自衛官を尉官で退官して衆議院議員に転じたというのみならず、防衛大学校でラグビー部に所属、任官後も第1空挺団に配属、など経歴も似ており、かつ、名字も同じ「中谷(なかたに)」だが、血縁者でなく、全くの偶然である。

脚注

  1. 県連役員表【自由民主党高知県支部連合会】
  2. 中谷 貞頼コトバンク、2018年10月16日閲覧。
  3. プロフィールページ”. 2015年4月4日閲覧。
  4. “政治家としての私の道”. 中谷元 ホームページ. http://www.nakatanigen.com/profile/michi/ 2015年6月13日閲覧。
  5. “2003衆院選高知 候補の横顔 高知2区・中谷元候補”. 高知新聞. http://www.kochinews.co.jp/senkyo/03yokonaka.htm 2015年6月13日閲覧。
  6. “賃貸住宅対策議員連盟スペシャルインタビュー”. 賃貸住宅対策議員連盟. http://www.chintai-giren.jp/interview/article3.html 2016年6月13日閲覧。
  7. 憲法第六六条第二項の文民規定に関する質問主意書 民主党・平岡秀夫衆議院議員平成十三年五月十五日提出 
  8. 「自由民主党高知県連会長選挙」『自由民主党高知県連会長選挙 - 自由民主党高知県連合会』自由民主党高知県支部連合会
  9. “高知新聞:高知のニュース:政治:自民高知県連会長選 初の投票”. 高知新聞. (2011年3月18日). http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=272220&nwIW=1&nwVt=knd 2011年3月18日閲覧。
  10. “新任の横顔 中谷防衛相 レンジャー隊員、秘密法で自公協議”. 朝日新聞. (2014年12月25日). http://digital.asahi.com/articles/DA3S11523496.html?_requesturl=articles%2FDA3S11523496.html 2015年9月20日閲覧。
  11. “第3次安倍内閣が発足、「アベノミクス」最優先”. 読売新聞. (2014年12月24日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141224-OYT1T50103.html?from=ycont_latest 2014年12月25日閲覧。
  12. “審議 野党、防衛相狙い撃ち 答弁不安定、ミス誘う”. 毎日新聞. (2015年5月18日). http://mainichi.jp/articles/20150529/ddm/005/010/088000c 2016年3月18日閲覧。
  13. (日本語) 中谷元防衛大臣の発言に「憲政史上最悪」と非難の声”. ライブドアニュース弁護士ドットコム)  (2015年6月8日). 2017年6月5日閲覧。
  14. (日本語) 中谷元前防衛相 「精いっぱいやってきた」と号泣 離任会見”. 産経ニュース  (2015年6月8日). 2017年6月5日閲覧。
  15. (日本語) えこひいきを… 前防衛相、首相に「あいうえお」で忠告 (2016年6月3日). 2017年6月5日閲覧。
  16. (日本語) 中谷前防衛相、加計学園問題めぐり政権の対応に苦言”. TBSニュース  (2016年6月5日). 2017年6月5日閲覧。
  17. THIS is 敗因」とも伝えられる。
  18. (日本語) 「THIS IS 敗因」ではなくて「THIS IS A 敗因」かも (2016年6月3日). 2017年7月8日閲覧。
  19. (日本語) 都議選惨敗 特に「かきくけこ」 中谷氏、安倍首相に苦言 (2016年7月7日). 2017年7月8日閲覧。
  20. (日本語) 中谷前防衛相、稲田氏の一時不在「考えられない」 (2016年7月8日). 2017年7月9日閲覧。
  21. “2014衆院選 高知1区 中谷 元”. 毎日jp(毎日新聞). http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A39001001001&st=kj 2014年12月25日閲覧。
  22. “2012衆院選 高知2区 中谷元”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A39002001001 2012年12月28日閲覧。
  23. “2014衆院選”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/carta/AZZZZZ07Y.htm 2020年11月30日閲覧。
  24. “第48回衆院選 自民 高知1区 中谷  元”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A39001003003 2020年11月30日閲覧。
  25. 賛同者一覧 国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言 (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月24日閲覧。
  26. 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  27. 第154回国会請願2244号
  28. “「緑資源機構」談合の特森懇 自民林野族議員に献金”. しんぶん赤旗. (2007年9月15日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-09-15/2007091515_03_0.html 2015年9月20日閲覧。
  29. 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  30. 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  31. 護る会四十八人衆|青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road
  32. 日本クルド友好議員連盟 | 日本クルド友好協会 (日本語). 2020年6月3日閲覧。
  33. 「リベラルなら声あげて」国民・山尾志桜里氏の思い 超党派で取り組む「香港国安法問題」インタビュー (日本語). J-CAST ニュース (2020年8月19日). 2020年9月30日閲覧。
  34. (日本語) 賛同者 アル法ネット(アルコール健康障害対策基本法推進ネットワーク)”. アルコール健康障害対策基本法推進ネットワーク. 2017年6月4日閲覧。
  35. (日本語) アルコール健康障害対策基本法 成立までの道”. ASK特定非営利活動法人アスク(アルコール薬物問題全国市民協会) . 2017年6月4日閲覧。
  36. (日本語) カジノ法案に高知1区の中谷元氏は棄権 県内の自助団体も批判”. 高知新聞  (2016-12-07  ). 2017年6月4日閲覧。
  37. “中谷元衆議院議員インタビュー”. 新極真会 愛媛支部三好道場. http://www.ehime-miyoshi.com/nakatanikaicho.html 2016年6月13日閲覧。
  38. 国務大臣 防衛庁長官
  39. “「石破茂は飲んでも楽しくない」は本当? 飲みに誘って検証してみた”. with news. (2020年11月27日). https://withnews.jp/article/f0201127001qq000000000000000W0fp10101qq000022138A 2020年11月28日閲覧。
  40. 「証券界の「要注意人物」との関係を披露した田中財務副大臣」
  41. 「Untitled」 - 土佐中高同窓会
  42. “「中国貧困工場」と草食男子をつなぐもの”. BizCOLLEGE (日経BPnet). (2009年10月22日). http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20091019/189466/?rt=nocnt 2016年6月13日閲覧。

外部リンク

公職
先代:
江渡聡徳
防衛大臣
第14代:2014年 - 2016年
次代:
稲田朋美
先代:
斉藤斗志二
防衛庁長官
第67代:2001年 - 2002年
次代:
石破茂
議会
先代:
­実川幸夫
衆議院総務委員長
2005年 - 2006年
次代:
佐藤勉
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.