中田祝夫

中田 祝夫(なかだ のりお、1915年11月30日 - 2010年4月13日)は、日本国語学者筑波大学名誉教授。漢文古訓点の権威で、『古語大辞典』編纂のほか、『日本霊異記』の全訳などで知られる。

専門は古辞書で、節用集諸本の影印作成、索引作成を行った。

経歴

奈良県奈良市生まれ。東京文理科大学卒業。1958年「古点本の国語学的研究総論編」で東京教育大学文学博士戦後、東京教育大学教授、筑波大学教授、1980年定年退官、名誉教授、愛知大学教授。1986年退職。1989年春、勲三等旭日中綬章受勲。2010年、心不全のため94歳で死去[1]

著書

  • 『古点本の国語学的研究 第1-2』大日本雄弁会講談社 1954-1958
  • 『古本節用集六種研究並びに総合索引』風間書房 1968
  • 『東大寺諷誦文稿の国語学的研究』風間書房 1969
  • 『文明本節用集研究並びに索引』風間書房 1970
  • 『中世古辞書四種研究並びに総合索引』風間書房 1971
  • 『印度本節用集古本四種研究並びに総合索引』勉誠社 (古辞書大系) 1974
  • 『恵空編節用集大全研究並びに索引』勉誠社 (古辞書大系) 1975
  • 『妙一記念館本仮名書き法華経 翻字編・索引編・研究編』霊友会 1989-1993

共編著

編纂・校訂・訳

  • 紀貫之土佐日記』(校註)大日本雄弁会講談社 1951 (新註国文学叢書)
  • 富士谷成章『あゆひ抄新注』竹岡正夫と注 風間書房 1960
  • 『色葉字類抄 研究並びに索引』峯岸明共編 風間書房 1964
  • 倭玉篇 研究並びに索引』北恭昭共編 風間書房 1966
  • 『古本下学集七種研究並びに総合索引』林義雄共編 風間書房 1971
  • 『書言字考節用集研究並びに索引』小林祥次郎共編 風間書房 1973
  • 日本古典文学全集 6 日本霊異記』校注・訳 小学館 1975、講談社学術文庫(全3巻)1980
  • 『倭玉篇夢梅本篇目次第研究並びに総合索引』北恭昭共編 勉誠社 1976 (古辞書大系)
  • 『多識編自筆稿本刊本三種研究並びに総合索引』小林祥次郎共編 勉誠社 1977 (古辞書大系)
  • 『字鏡集白河本寛元本研究並びに総合索引 第1-2冊』林義雄共編 勉誠社 1977-78 (古辞書大系)
  • 『色葉字類抄研究並びに総合索引』峰岸明共編 風間書房 1977
  • 『合類節用集研究並びに索引』小林祥次郎共編 勉誠社 1979 (古辞書大系)
  • 『無量義経古点 兜木正亨共編』 勉誠社 1979 (古点本資料叢刊)
  • 『倭玉篇(慶長15年版)研究並びに索引』北恭昭共編 勉誠社 1981 (古辞書大系)
  • 上宮聖徳法王帝説』勉誠社 1981(影印)、新版1997、2018
  • 『印度本節用集和漢通用集他三種研究並びに総合索引』根上剛士共編 勉誠社 1982 (古辞書大系)

記念論集

  • 『国語学論集』 中田祝夫博士功績記念国語学論集刊行会 勉誠社 1979

出典

  1. “中田祝夫氏死去(筑波大名誉教授・国文学)”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年4月15日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201004/2010041500627 2010年4月24日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.