中村勝

中村 勝(なかむら まさる、1991年12月11日 - )は、埼玉県春日部市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。メキシカンリーググアダラハラ・マリアッチス所属。

中村 勝
グアダラハラ・マリアッチス
基本情報
国籍 日本
出身地 埼玉県春日部市
生年月日 (1991-12-11) 1991年12月11日(29歳)
身長
体重
184 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト1位
初出場 2010年8月11日
最終出場 2019年7月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称は「中村」や「ムラマサ」、「中村マー君」、日本ハムに同名の先輩である武田勝齊藤勝がいたことから、「若い勝」「ヤング勝」、二軍マスコットのカビー・ザ・ベアーの命名による「まさるってぃ」「てぃー様」など。

経歴

プロ入り前

春日部市立武里中学校在校時には投手と遊撃手を担当し、投手として3年時にはKボールの県選抜で全国優勝する。第3回AAアジア選手権大会に日本代表として参加、香港戦で先発して勝利投手となり、チームは準決勝で台湾に敗退する。2007年春日部共栄高校に進学、2年冬にフォームを変え、3年生時の2009年春大会で、前年夏の甲子園に出場した本庄第一高を4安打完封する。夏も県大会2回戦の小松原高戦で4回を投げ初回先頭から9連続三振を含む11奪三振[1]、5回戦富士見高戦でも11奪三振完封[2]。しかし準々決勝の埼玉栄高校戦は9回2失点に抑えながら走塁中に発症したぎっくり腰の影響もあり敗退[3]

同年秋のドラフトで日本ハムに外れ1位で指名され、春日部共栄高校からは中里篤史以来9年ぶりの1位指名となった。

プロ入り後

2010年8月11日のロッテ戦で、5回3安打3四球6奪三振1失点で12球団同年の高卒ルーキーとしては初先発、初勝利[4]

2011年は一軍の登板は2試合の先発登板のみで勝利はなく、二軍では防御率2.59(リーグ4位)、8勝(リーグ3位)。2012年は7月19日のフレッシュオールスターで2回を4者連続を含む5奪三振、優秀選手賞を受賞し[5]、8月5日に1軍昇格し、9月2日に2年ぶりの勝利[6]、昇格後5試合の先発で2勝、防御率0.84[7]、10月31日の巨人との日本シリーズ第4戦では、同い年(当時20歳・学年は中村が1つ上)の宮國椋丞との投げ合いで、7回を5安打無失点[8][9]

2014年は5月16日のロッテ戦で1勝目、24日の横浜戦でプロ初完封[10]。以後登録と抹消を繰り返しながら、9月9日のソフトバンク戦まで7連勝。この年はホームの札幌ドームで7勝、防御率2.00。11月には第1回21U野球ワールドカップにオーバーエージ枠で選出された[11]

2015年の一軍初先発登板は4月末で、4回途中5失点で敗戦投手。次の試合でも2回持たず二軍降格、8月に再び先発として一軍復帰し復帰2試合目で今季初勝利、次の試合で完投勝利するが、9月に二軍落ちしシーズン2勝(4敗)。

2016年は、4月の2試合先発登板し0勝1敗で、一軍ではこの2試合の登板のみ、二軍ではチーム2位の7勝、投球イニングはチーム最多。

2017年は5月末に一軍初登板、2試合目のDeNA戦で2年ぶりに一軍勝利した直後に右肘を故障、7月に内側側副靭帯再建術を受け[12]2018年8月9日の二軍戦で復帰登板する。

2019年は7月9日のロッテ戦で2年ぶりに先発するも、3回途中6失点に終わり[13]、二軍でも0勝6敗、防御率4.73といった成績で、オフに球団から戦力外通告を受けた[14]。現役続行を目指し、11月12日に開催された12球団合同トライアウト大阪シティ信用金庫スタジアム)に参加するも、制球が定まらず1安打1四球という内容に終わった[15]

プロ退団後

2020年の年明けすぐに野球系YouTuberの「トクサンTV」の動画に出演して投球を披露。出演動画のタイトルには「引退直後」と表記されていたが[16]、1月31日、自身のSNSにて、オーストラリアで語学を勉強しながら現地のクラブチームに所属して現役を続行する意向であると報告した[17]

3月よりブリスベンの語学学校に通いながら、ゴールドコースト・ベースボール・アソシエーション(ゴールドコースト地域内でのウインターリーグ)に参加するアマチュアクラブチーム・サーファーズ・パラダイス・ベースボールクラブに所属[18]。そこでの活躍や日本での実績により、9月18日オーストラリアン・ベースボールリーグブリスベン・バンディッツと2020-2021年シーズンの契約を結んだ[19]。また、バンディッツとの契約直後にはサーファーズのウインターリーググランドファイナルに先発登板し、優勝に貢献している[18]

2021年2月21日、日本ハム時代の同僚であるルイス・メンドーサGMを務め、今季からメキシカンリーグに新規参入するグアダラハラ・マリアッチスに入団することが発表された[20][21]

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2010 日本ハム 440001200.3338118.01821000140011115.501.56
2011 220000100.0004711.0101400701332.451.27
2012 880002200.50018445.1362160129101091.791.15
2013 1380001400.20019244.04632503181025255.111.61
2014 18181108200.80042097.189124805431043413.791.41
2015 1091002400.33321849.24153303260023234.171.49
2016 220000100.0005212.0102600910886.001.33
2017 2200010001.0004810.092901400554.501.80
2019 110000100.000142.0314000006627.003.50
通算:9年 6054210151700.4691256289.126230155013150411341314.071.44
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績



投手












2010 日本ハム 412001.000
2011 201001.000
2012 82610.889
2013 1338021.000
2014 18516011.000
2015 1047001.000
2016 201001.000
2017 211001.000
2019 101001.000
通算 60164313.983
  • 2019年度シーズン終了時

記録

投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号

  • 36 (2010年 - 2019年)
  • 23 (2020年 - )

登場曲

脚注

  1. “埼玉のダルだ!春日部共栄・中村が4回11K”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年7月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/07/15/kiji/K20090715Z00002270.html 2013年4月29日閲覧。
  2. ““埼玉のダル”中村 5球団視察で11K完封!”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/07/24/kiji/K20090724Z00000050.html 2013年4月29日閲覧。
  3. ““春日部共栄のダル”中村…腰痛で散る”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年7月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/07/27/kiji/K20090727Z00002130.html 2013年4月29日閲覧。
  4. 日本ハムの投手としてもエースのダルビッシュ以来となる「高卒新人投手初登板初先発初勝利」を記録。直近では対戦チームの唐川侑己以来。週刊ベースボール2012年3月26日号 P58
  5. ““埼玉のダル”中村 圧巻2回を5K完全!”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年7月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/20/kiji/K20120720003715820.html 2013年4月25日閲覧。
  6. “中村「長かった」2年ぶり勝利 140キロ速球で快投”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/03/kiji/K20120903004030050.html 2013年4月25日閲覧。
  7. “ダル2世が救世主!中村好投でハム首位に0差”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年9月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/10/kiji/K20120910004082970.html 2013年4月25日閲覧。
  8. 一般社団法人日本野球機構. デイリーリポート(第4戦) | コナミ日本シリーズ2012 (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2020年1月2日閲覧。
  9. “20歳中村 兄貴分ダルばり7回0封「いい報告がしたい」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/01/kiji/K20121101004457030.html 2013年4月26日閲覧。
  10. “埼玉のダル・中村がプロ初完封!「背水枠」5年目やっと”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年5月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/05/25/kiji/K20140525008229080.html 2014年12月14日閲覧。
  11. “日本ハム・上沢らが代表に 11月の21Uワールドカップ”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/21/kiji/K20141021009142990.html 2014年12月14日閲覧。
  12. “中村勝投手手術のお知らせ”. 日本ハムファイターズ公式HPページ. (2017年7月3日). https://www.fighters.co.jp/news/detail/00000343.html 2017年7月23日閲覧。
  13. 日本ハム中村勝「実力不足…」3回途中6失点でKO - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2020年1月2日閲覧。
  14. 東尾洋樹 (2019年10月2日). “日本ハム 中村勝「ある程度は覚悟していた」現役続行を希望”. Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/02/kiji/20191001s00001173503000c.html 2020年6月25日閲覧。
  15. “日本ハム中村勝は本領発揮ならず「話聞いてみたい」”. Sponichi Annex. (2019年11月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911120000425.html 2020年6月25日閲覧。
  16. 【引退直後】元日ハム・ドラフト1位…中村勝のキャッチボール。新婚ライパチが捕手! (2020年1月3日). 2020年6月25日閲覧。
  17. “前日ハム中村の豪州現役続行にファン期待 「勝君のカーブをまた見るチャンス」”. Full-Count. (2020年2月2日). https://full-count.jp/2020/02/02/post676890/ 2020年6月25日閲覧。
  18. 元北海道日本ハム・中村勝投手がブリスベンと2020/21契約!!”. ABL Japan (2020年9月20日). 2020年9月23日閲覧。
  19. “元日ハム中村勝、豪州ブリスベンと契約 元同僚・杉谷が武者修行したチームで再出発”. Full-Count. (2020年9月18日). https://full-count.jp/2020/09/18/post902043/ 2020年9月23日閲覧。
  20. “元日本ハム・中村勝 メキシコに移籍 現地メディア報じる”. スポニチAnnex. (2021年2月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/02/21/kiji/20210221s00001173257000c.html 2021年2月27日閲覧。
  21. NAKAMURA SIGNS WITH MARIACHIS DE GUADALAJARA”. brisbanebandits.com (2021年2月22日). 2021年2月27日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.