中島隆博

中島 隆博(なかじま たかひろ、1964年11月3日 - )は、日本哲学者。専門は東洋哲学中国哲学研究及びそれと西洋哲学との比較、西洋哲学(特に大陸哲学現代思想)の手法を用いた中国哲学の再読、その他哲学史研究、倫理学現代思想表象文化論など。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論研究室、及び東洋文化研究所教授

中島 隆博
生誕 (1964-11-03) 1964年11月3日(56歳)
日本高知県
時代 20世紀の哲学、21世紀の哲学
地域 東洋哲学中国哲学日本哲学
学派 大陸哲学東洋学中国学
研究分野 哲学史思想史中国哲学西洋哲学との比較及び中国哲学の脱構築形而上学言語哲学倫理学政治哲学現代思想大陸哲学表象文化論

来歴・人物

東京大学では、学際色の強い超域文化科学専攻で現代思想を教えており、門下生は決して中国哲学の研究者だけではない。著名な門下生には千葉雅也(西洋哲学、現代哲学)らがいる。

学会

賞歴

著書

単著

  • 『残響の中国哲学――言語と政治』東京大学出版会、2007年。2009年に博士号論文となる。
  • 『哲学-シリーズ「ヒューマニティーズ」』岩波書店、2009年。
  • 『「荘子」――鶏となって時を告げよ』岩波書店(書物誕生――あたらしい古典入門)、2009年。 
  • 『共生のプラクシス――国家と宗教』東京大学出版会、2011年。
  • 『悪の哲学――中国哲学の想像力』筑摩書房筑摩選書〉、2012年。
  • 『思想としての言語』岩波書店〈岩波現代全書〉、2017年。

共著

編著

翻訳

(原題: Fonder la morale: Dialogue de Mencius avec un philosophe des Lumières
志野好伸共訳、講談社現代新書、2002年/講談社学術文庫、2017年。
  • フランソワ・ジュリアン『勢・効力の歴史――中国文化横断』
(原題: La propension des choses知泉書館、2004年。
(原題: Histoire de la pensée chinoise

解説

  • 『共生への道と核心現場――実践課題としての東アジア』(原題: 공생의 길과 핵심현장 : 실천과제로서의 동아시아)、白永瑞著、趙慶喜監訳、法政大学出版局、2016年。
  • 『ハーバードの人生が変わる東洋哲学』(原題: The Path: What Chinese Philosophers Can Teach Us About the Good Life)マイケル・ピュエット,クリスティーン・グロス=ロー著、熊谷淳子訳、早川書房、2016年[3]

その他

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.