中央線 (韓国)

中央線(チュンアンほんせん)は、大韓民国ソウル特別市東大門区にある清凉里駅から慶尚北道慶州市にある慶州駅を結ぶ韓国鉄道公社 (KORAIL) の鉄道路線である。日本統治下の1942年に全線開通した。

中央線
基本情報
 大韓民国
起点 清凉里駅
終点 慶州駅
駅数 62
開業 1918年11月1日
運営者 韓国鉄道公社
路線諸元
路線距離 373.8 km
軌間 1,435 mm
線路数 複々線複線単線
電化方式 交流25,000V (清凉里駅 - 栄州駅)
最高速度 200 km/h
路線図
中央線
各種表記
ハングル 중앙선
漢字 中央線
発音 チュンアンソン
日本語読み: ちゅうおうせん
英語 Jungang Line

路線データ

  • 路線距離:348.2km(ただし清凉里駅 - 回基駅間1.4kmは京元線と重複)
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:62(起終点駅、信号場・信号所・仮乗降場を含む)
  • 複々線区間:上鳳駅 - 忘憂駅
  • 複線区間:清凉里駅 - 上鳳駅、忘憂駅 - 丹陽駅
  • 電化区間:清凉里駅 - 安東駅(交流25,000V)207.0km

路線概要

中央線は、日本により第二次世界大戦中に京城と慶州を結ぶ京釜線に次ぐ朝鮮半島縦貫線として建設され、当初は京慶線경경선)と呼ばれた。沿線に大田大邱のような大きな町はないものの、海岸からあまり遠くなく、海上からの砲撃にさらされる危険があった京釜線(特に水原駅から天安駅までの区間)に代わる戦争物資輸送鉄道の性格が強かった。そのため、京城から東に出て山岳地帯を抜ける路線として計画が進められた。

独立後は太白山脈から産出される無煙炭輸送を目的とする「産業線」と位置付けられ、1973年に韓国で初めて清凉里駅 - 堤川駅間が太白線嶺東線と共に電化され、1988年に栄州まで電化区間が延長した。1980年よりこの電化区間を利用して、韓国で初めての電車特急9900系が『ムグンファ号』として運転を開始した。この電車は19年間にわたり中央線・太白線・嶺東線を経由して清凉里駅と東海駅を結んできたが、1999年6月のダイヤ改正でトンイル号に格下げされて運転区間も短縮、2001年3月に廃止された。清凉里始発の機関車牽引によるセマウル号が安東まで2往復、太白線直通が1往復運行されてきたが、2008年1月1日のダイヤ改正でいずれも廃止された。

清凉里 - 西原州間は、ソウル - 江陵東海間を結ぶKTX江陵線の一部に含まれている。

安東 - 慶州間は、定期旅客列車はムグンファ号のみの運転で、慶州から先は東海線釜田まで直通運転する。この他、大邱線を経由して東大邱駅まで向かう列車もある。

2005年12月広域電鉄として清凉里駅 - 徳沼駅間の路線改良と複線化が完了し、京元線と直通する形で龍山駅までの運行が開始された。電車区間は2007年12月27日八堂駅2008年12月29日菊秀駅2009年12月23日龍門駅2017年1月21日砥平駅までそれぞれ延伸開業し、2014年12月27日には龍山線を介して京義線汶山駅までの直通運転が開始された(詳細は「首都圏電鉄中央線」および「首都圏電鉄京義・中央線」を参照)。

また、西原州駅までの複線化と路線改良が2012年9月25日に完成し、セマウル号で11分の時間短縮がされた[1]。さらに、2021年1月5日には西原州駅 - 丹陽駅間の複線化および安東駅以北の電化が行われた[2]。また、安東駅以南も大規模な路線改良が計画され、特に終点側は接続する東海線とともに新慶州駅へ接続する予定となっている。

歴史

駅一覧

広域電鉄(京義・中央線)区間(清凉里 - 砥平)

  • ●:全列車停車、▲:一部列車停車、|:全列車通過
  • 緩行、龍山急行はすべての駅に停車するため省略。
駅番号 駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km)
等級
駅種別 K
T
X






I
T
X
|

中央急行 接続路線 所在地
日本語 ハングル 英語
KTXはソウル駅まで
ITX-青春の一部は京元線龍山駅まで
京義・中央線は京元線・龍山線経由京義線文山駅まで直通運転
K117 清凉里駅 청량리역 Cheongnyangni 0.0 0.0 1級 グループ代表駅 韓国鉄道公社京元線 京義・中央線
(広域電鉄・KTX・ITX-青春の一部のみ直通運転)
1号線 水仁・盆唐線
ソウル交通公社 1号線(地下鉄1号線
ソウル特別市 東大門区
K118 回基駅 회기역 Hoegi 1.4 1.4 3級 運転簡易駅 | | | | 韓国鉄道公社:京元線( 1号線)
K119 中浪駅 중랑역 Jungnang 1.8 3.2 2級 乙種代売所 | | | | |   中浪区
K120 上鳳駅 상봉역 Sangbong 0.8 4.0 配置簡易駅 | | 韓国鉄道公社:忘憂線 京春線
ソウル交通公社: 7号線
K121 忘憂駅 망우역 Mangu 0.6 4.6 2級 グループ代表駅 | | | | | 韓国鉄道公社: 京春線(ITX-青春は京春線春川駅まで直通運転)
K122 養源駅 양원역 Yangwon 1.7 6.3 3級 乙種代売所 | | |


|  
K123 九里駅 구리역 Guri 3.2 9.5 普通駅 | | | ソウル交通公社: 8号線 (807) (接続予定) 京畿道 九里市
K124 陶農駅 도농역 Donong 1.7 11.2 3級 普通駅 | | |   南楊州市
K125 養正駅 양정역 Yangjeong 3.7 14.9 3級 乙種代売所 | | | |  
K126 徳沼駅 덕소역 Deokso 2.3 17.2 3級 普通駅 |  
K127 陶深駅 도심역 Dosim 1.5 18.7 乙種代売所 | | |  
K128 八堂駅 팔당역 Paldang 4.2 22.9 3級 普通駅 | | | |  
K129 雲吉山駅 운길산역 Ungilsan 6.4 29.3 3級 運転簡易駅 | | | |  
K130 両水駅 양수역 Yangsu 1.9 31.2 3級 普通駅 | | |   楊平郡
K131 新院駅 신원역 Sinwon 4.7 35.9 3級 普通駅 | | | |  
K132 菊秀駅 국수역 Guksu 2.9 38.8 3級 普通駅 | | | |  
K133 我新駅
(アセア連合
神学大)
아신역
(아세아연합
신학대)
Asin
(Asian Center
for Theological
Studies & Mission)
4.1 42.9 3級 普通駅 | | | |  
K134 梧浜駅 오빈역 Obin 2.8 45.7 3級 普通駅 | | | |  
K135 楊平駅 양평역 Yangpyeong 2.2 47.9 3級 普通駅  
K136 元徳駅
(主邑山)
원덕역
(주읍산)
Wondeok
(Jueupsan)
5.8 53.7 3級 普通駅 | | | |  
K137 龍門駅 용문역 Yongmun 4.8 58.5 2級 普通駅 |  
K138 砥平駅 지평역 Jipyeong 3.6 62.1 3級 普通駅 |    

砥平 - 慶州

  • ●:全列車停車、▲:一部列車停車、|:全列車通過
駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km)
等級
駅種別 K
T
X






接続路線 所在地
日本語 ハングル 英語
砥平駅 지평역 Jipyeong 3.6 62.1 3級 普通駅 | 韓国鉄道公社: 京義・中央線 (K138) 京畿道
楊平郡
石仏駅 석불역 Seokbul 2.9 65.0 無配置簡易駅 |  
日新駅 일신역 Ilshin 3.5 68.5 無配置簡易駅 |  
梅谷駅 매곡역 Maegok 3.8 72.3 無配置簡易駅 |  
楊東駅 양동역 Yangdong 3.0 75.3 3級 普通駅 |  
三山駅 삼산역 Samsan 3.9 79.2 無配置簡易駅 |  
西原州駅 서원주역 Seowonju 7.2 86.4 3級 普通駅 韓国鉄道公社:京江線 江原道
原州市
原州駅 원주역 Wonju 8.3 94.7 2級 普通駅  
雲鶴信号場 운학신호장 Unhak 15.7 110.4 信号場 | | |   忠清北道 堤川市
鳳陽駅 봉양역 Bongyang 14.8 125.2 3級 普通駅 | 韓国鉄道公社:忠北線
堤川操車場 제천조차장 Jecheonjochajang 4.5 129.7 2級 操車場 | | |  
堤川駅 제천역 Jecheon 2.4 132.1 1級 地域管理駅 韓国鉄道公社:太白線
高明駅 고명역 Gomyeong 3.9 136.0 3級 普通駅 | | |  
三谷駅 삼곡역 Samgok 5.2 141.2 3級 普通駅 | | |   丹陽郡
嶋潭駅 도담역 Dodam 7.3 148.5 2級 普通駅 | | |  
丹陽駅 단양역 Danyang 6.0 154.5 3級 普通駅  
豊基駅 풍기역 Punggi 21.4 175.9 3級 普通駅 韓国鉄道公社:北栄州三角線 慶尚北道 栄州市
栄州駅 영주역 Yeongju 12.4 188.3 1級 地域管理駅 韓国鉄道公社:慶北線嶺東線
甕泉信号場 옹천신호장 Ongcheon 17.8 206.1 信号場 | | |   安東市
安東駅 안동역 Andong 13.3 219.4 2級 普通駅  
望湖信号場 망호신호장 Mangho 12.8 232.2 3級 普通駅


|


 
業洞信号場 업동신호장 Eopdong 8.9 241.1 信号場 |   義城郡
義城駅 의성역 Uiseong 4.3 245.4 3級 普通駅 韓国鉄道公社:慶北内陸線(接続予定)
飛鳳信号場 비봉신호장 Bibong 6.3 251.7 信号場 |  
塔里駅 탑리역 Tap-ri 5.4 257.1 3級 普通駅  
友保駅 우보역 Ubo 8.6 265.7 3級 普通駅 |   軍威郡
花本駅 화본역 Hwabon 8.0 273.7 3級 普通駅  
鳳林駅 봉림역 Bongnim 5.4 279.1 無配置簡易駅 |  
甲峴信号場 갑현신호장 Gaphyeon 4.8 283.9 信号場 |   永川市
新寧駅 신녕역 Sinnyeong 5.0 288.9 3級 普通駅  
花山駅 화산역 Hwasan 6.4 295.3 無配置簡易駅 |  
北永川駅 북영천역 Bugyeongcheon 8.1 303.4 無配置簡易駅 韓国鉄道公社:北永川三角線(大邱線東大邱方面直通運転)
永川駅 영천역 Yeongcheon 2.5 305.9 2級 普通駅 韓国鉄道公社:大邱線
松浦信号場 송포신호장 Songpo 5.2 311.1 信号場 |  
林浦駅 임포역 Impo 4.1 315.2 3級 普通駅 |  
阿火駅 아화역 Ahwa 5.9 321.1 無配置簡易駅 |   慶州市
乾川駅 건천역 Geoncheon 5.9 327.0 3級 普通駅  
牟梁信号場 모량신호장 Moryang 3.9 330.9 信号場 | 韓国鉄道公社:東海線
栗洞信号場 율동신호장 Yuldong 4.6 335.5 信号場 |  
西慶州駅[19] 서경주역 Seogyeongju 7.6 343.1 3級 普通駅 韓国鉄道公社:金丈三角線(直通運転)
慶州駅 경주역 Gyeongju 5.1 348.2 1級 地域管理駅 韓国鉄道公社:東海線(直通運転)

使用車両

高速列車

  • KTX-山川(140000形)
  • KTX-イウム(150000形)

電車

客車

電気機関車

ディーゼル機関車

広域電鉄

気動車(ディーゼル動車)
電車

ディーゼル機関車

広域電鉄

今後の改良計画

安東 - 永川間

全区間において複線電化工事が行われている。新線の途中駅は義城駅軍威駅(新設)となる予定である。

永川 - 慶州間

牟梁信号場 - 慶州駅間は廃止され、代わりに京釜高速線新慶州駅に接続する新線が建設される予定である。同時に永川駅 - 新慶州駅間の複線電化工事が行われ、大邱線および東海線との直通運転が行われる予定である。新線の途中駅は阿火駅(移設)のみの予定である。

脚注

  1. 복선전철 개통해 11분 단축 원주~청량리 67분에 달린다.
  2. 国土交通部告示第2019-64号 官報 2019年2月7日
  3. 朝鮮総督府官報 大正第1872号、1918年11月4日
  4. 朝鮮総督府官報 大正第1924号、1919年1月9日
  5. 朝鮮総督府官報 昭和第459号、1928年7月10日
  6. 朝鮮総督府官報 昭和第439号、1928年6月16日
  7. 朝鮮総督府官報 昭和第2955号、1936年11月1日
  8. 朝鮮総督府官報 昭和第3558号、1938年11月28日
  9. 朝鮮総督府官報 昭和第3701号、1939年5月25日
  10. 朝鮮総督府官報 昭和第4305号、1941年6月2日
  11. 今日の歴史(4月1日) 聯合ニュース 2009/04/01
  12. 朝鮮総督府官報 昭和第4536号、1942年3月13日
  13. 朝鮮総督府官報 昭和第5203号、1944年6月10日
  14. 大韓民国官報交通部告示 第511号、1958年1月9日
  15. 大韓民国官報 交通部告示第548号、1959年2月22日
  16. 大韓民国官報 鉄道庁告示第37号、1974年8月12日
  17. 大韓民国官報、鉄道庁告示第4号、1977年2月26日
  18. 大韓民国官報 鉄道庁告示第30、31号、1985年4月22日
  19. 2009年1月1日、西慶州(서경주역)に改称(出典)。
  20. (韓国語)중앙선 영천역~신경주역간 공사 착공
  21. KORAIL時刻表(公式ホームページ)
  22. (韓国語)제천·단양역서 새마을호 구경 못 한다…청량리~영주 운행 중단 2017年12月2日 Newsis
  23. 중앙선 단양∼안동 운행선 변경…철도승객 버스로 연계 수송
  24. 원주~제천 복선전철 내년 1월 개통
  25. 新안동역 개통.. 첫 날 운행중단 속출 '빈축'

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.