中国飛龍専業航空

中国飛竜専業航空(ちゅうごく-ひりゅう-せんぎょう-こうくう)とは中華人民共和国黒竜江省ハルビン市(哈爾濱市)にある航空会社ハルビン太平国際空港を拠点としている。

中国飛竜専業航空
China Flying Dragon Special Aviation
IATA
FL
ICAO
CFA
コールサイン
Feilong
設立 1981年
ハブ空港 ハルビン太平国際空港
保有機材数 11機
本拠地 中国黒竜江省ハルビン市
代表者 呂惊雷(総経理
外部リンク http://www.chinafda.com.cn/
中国飛龍専業航空
各種表記
繁体字 中國飛龍專業航空
簡体字 中国飞龙专业航空
拼音 Zhōngguó Fēilóng Zhuănyè Hángkōng
発音: ヂョングオ フェイロン ヂュアンイェ ハンコン
英文 China Flying Dragon Special Aviation

概要

1981年哈爾浜飛機製造公司によって設立された。業務内容はハルビンと周辺部を結ぶ短距離航空路線の運行と哈爾浜飛機製造公司の生産した航空機を空輸することである。2005年にはネパールネパール飛竜航空を設立(90%を出資)。2008年四川大地震ではMi-26ヘリコプターを現地に救援に向かわせた。[1]

コードデータ

保有機材

中国飛竜専業航空の機材は2007年3月現在以下の航空機で構成される

事故

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.