中世思想原典集成

中世思想原典集成(ちゅうせいしそうげんてんしゅうせい)は、中世ヨーロッパを中心に古代から近世までのキリスト教神学哲学関連書籍・文献を網羅する原典訳叢書(平凡社)。上智大学中世思想研究所編。

1992年から2002年に全21巻が刊行。2018年春より中世思想原典集成(第Ⅱ期)が刊行開始。
2018年秋から翌19年秋に、下記の平凡社ライブラリー(全7巻)で新編(精選)再刊。

構成

以下のタイトルは[1]より。

第Ⅱ期

中世思想原典 精選

  • 第1巻 - ギリシア教父・ビザンティン思想集成
  • 第2巻 - ラテン教父の系譜
  • 第3巻 - ラテン中世の興隆1
  • 第4巻 - ラテン中世の興隆2
  • 第5巻 - 大学の世紀1
  • 第6巻 - 大学の世紀2
  • 第7巻 - 中世後期の神秘思想

関連項目

脚注・出典

  1. 参考 : 平凡社公式サイト
  2. リーゼンフーバー「中世思想史」村井則夫訳、改訂版・平凡社ライブラリー。関連文献に『西洋古代・中世哲学史』矢玉俊彦・佐藤直子訳、同

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.