丘宗潭

丘 宗潭(おか そうたん、1860年10月22日万延元年9月9日) - 1921年大正10年)8月19日)は、尾張国出身の日本曹洞宗僧侶安泰寺初代住職。

西有穆山白鳥鼎三長野普照に師事し、洞雲寺修禅寺住職を歴任。1899年(明治32年)に曹洞宗大学林(現・駒澤大学)学監・教授となり、1905年(明治38年)に永平寺眼蔵会の初代講師を務める。

1917年(大正6年)に永平寺監院になり、翌1918年(大正7年)に曹洞宗大学学長となる。1921年(大正10年)に安泰寺を設立。

弟子に丘球学澤木興道橋本惠光原田祖岳がいる。

著作リスト

  • 『禅の信仰』(鴻盟社、1927年)
  • 『曹洞宗意綱要』(鴻盟社、1930年)

参考文献

外部リンク

先代:
曹洞宗安泰寺住職
初代:1921年 -
次代:
小田垣瑞麟
先代:
秋野孝道
曹洞宗大学(駒澤大学)学長
第7代:1918年 - 1920年
次代:
忽滑谷快天
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.