世界結核デー

世界結核デー(せかいけっかくデー)とは、世界保健機関(WHO)が結核根絶への誓いを新たにするために、1997年の世界保健総会で制定したである。ドイツロベルト・コッホ結核菌を発見し演説した日である1882年3月24日にちなんで、毎年3月24日を世界結核デーとした。

この日の前後に世界中で結核撲滅に向けてさまざまなイベントが行われている。

各年のテーマ

毎年テーマを掲げ、世界中で結核への意識を高めるイベントなどが行われている。

  • 1997年: Use DOTS more widely
  • 1998年: DOTS success stories
  • 1999年: Stop TB, use DOTS
  • 2000年 - Forging New Partnerships to Stop TB[1][2]
  • 2001年 - DOTS: TB cure for all[2]
  • 2002年 - Stop TB, fight poverty[2]
  • 2003年 - DOTS cured me - it will cure you too![2](日本語訳:あなたもDOTSできっと治る、私のように!)[3]
  • 2004年 - Every Breath Counts - Stop TB Now![2](日本語訳:呼吸するたび唱えよう,「ストップ結核!」)[4]
  • 2005年 - Frontline TB care providers:heroes in the fight against tuberculosis[2]
  • 2006年 - Action for life : towards a world free of tuberculosis(日本語訳:結核のない世界へ 命へのアクション!)
  • 2007年 - TB anywhere is TB everywhere(日本語訳:結核 誰もがかかる どこにでもある)
  • 2008年-2009年 - I am stopping TB
  • 2010年 - Innovate to accelerate action(日本語訳:イノベーションで結核対策を加速しよう)
  • 2011年 - Transforming the fight towards elimination(日本語訳:結核制圧に向けた闘いに、大きな変革を)
  • 2012年 - Call for a world free of TB
  • 2013年 - Stop TB in my lifetime
  • 2014年 - Reach the three million: A TB test, treatment and cure for all(日本語訳:300万人へ届けよう)
  • 2015年 - Gear up to end TB
  • 2016年 - Unite to End TB

脚注

  1. 結核(tuberculosis)の略
  2. Stop TB Partnership”. 2015年2月14日閲覧。
  3. 世界結核デー”. 結核対策アドボカシー. 2015年2月14日閲覧。
  4. 世界結核デー”. 結核対策アドボカシー. 2015年2月14日閲覧。

参考文献

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.