世界大思想全集 (春秋社)

世界大思想全集』(せかいだいしそうぜんしゅう)は、春秋社1927年から1937年にかけて刊行した全153巻(第1期全124巻(1927年 - 1937年)、第2期全29巻(1929年 - 1933年))の叢書である。いわゆる「円本」全集の一つである。なお、戦後に河出書房から出版された同名の全集とは無関係である。

構成

第1期(全124巻)

第1期(全124巻)構成
内容著者訳者・編者出版年
1国家 プラトーン 村松正俊 1928
2メタフュジカアリストテレス岩崎勉訳1929
モナッド論ライブニッツ松永材訳
3語録エピクテータス佐久間政一訳1927
冥想録アウレリウス村山勇三
幸福論セネカ加藤朝鳥訳
4随感録パスカル柳田泉1928
懺悔録オーガスチン宮原晃一郎
5法の精神モンテスキウ木村幹訳1928
君主論マキアヴェリー橋田東聲
6プリンシピアニウトン岡邦雄1930
7ノーヴァム・オルガヌムベーコン岡島亀次郎訳1927
方法通説デカルト村松正俊
民約論ルソオ加藤一夫
8ツァラトゥストラは斯く語るニーチエ加藤一夫1929
此の人を見よ
9 絵画論 ヴィンチ 加藤朝鳥訳 1930
詩と真実:わが生涯から ゲーテ 秋田忠義訳
素朴の文学と感傷の文学 シラア 佐久間政一訳
10エミイルジヤン・ジヤック・ルソオ平林初之輔1927
11国富論.上巻アダム・スミス青野季吉1928
12国富論.下巻アダム・スミス青野季吉1929
13 悟性論 ロツク 八太舟三 1930
人生論 ヒユーム 香原一勢
14 ラオコオン ゴツトホールド・イ・レツシング 柳田泉 1927
レオパルヂ集 ジヤコモ・レオパルヂ 柳田泉
15純粋理性批判イムマヌエル・カント安藤春雄訳1930
16 社団的社会主義要綱 シヤルル・フーリエ 安谷寛一訳 1930
労働階級の政治的能力 プルウドン 石川三四郎
17政治的正義ゴツドウイン加藤一夫1930
18人口論トマス・ロバアト・マルサス神永文三訳1927
19 サータア・リザータス トマス・カーライル 柳田泉 1930
英雄及英雄崇拝
20 知識学 フイヒテ 河面仙四郎訳 1929
宗教学 シュライエルマッヘル 河面仙四郎訳
21 代表偉人論 エマアソン 柳田泉 1931
自然論
アメリカの学者
論文鈔
22 精神分析 フロイド 中村古峡 1929
論文集 シヨーペンハウエル 佐久間政一訳
23 人生論 トルストイ 柳田泉 1928
我等何を為すべきか トルストイ 加藤一夫
芸術論 トルストイ 古館清太郎訳
24 功利論 ベンサム 田制佐重訳 1928
自由論 ミル 高橋久則訳
功利主義
婦人の隷従
25実証哲学.上巻オーギュスト・コント石川三四郎1931
26実証哲学.下巻オーギュスト・コント石川三四郎1928
27種の起原チヤールズ・ロバアト・ダーウィン著内山賢次1927
28第一原理ハアバート・スペンサー沢田謙1927
29 唯一者とその所有 ステイルネル 辻潤 1928
芸術と宗教
無政府主義と社会主義 プレカアノフ 辻潤
30 経済学批判 マルクス 安倍浩訳 1928
賃銀労働及資本
価値価格及び利潤
空想的科学的社会主義 エンゲルス 安倍浩訳
帝国主義論 レーニン 青野季吉
31 ルネッサンス ペーター 佐久間政一訳 1929
論文集 アーノルド 中村詳一訳
アンツー・ヂス・ラスト ラスキン 宮嶋新三郎
32 ウオルデン ソロー 古館清太郎訳 1930
論文集 ホイツトマン 古館清太郎訳
文明論 カアペンタア 宮島新三郎
33婦人論アウグスト・ベーベル加藤一夫1927
34 田園工場及仕事場 クロポトキン 室伏高信 1928
相互扶助 クロポトキン
近代科学と無政府主義 クロポトキン 八太舟三
35 無政府主義思想史 ネットラウ 新居格 1930
マルクス説の崩解 ソレル 百瀬二郎訳
36 憂愁の哲理 キエルケゴール 宮原晃一郎 1930
意識に直接与へられたもの ベルグソン 広瀬哲士
社会に就いての新見解 オーエン 加藤一夫
37 社会学原理 ギッディングス 内山賢次 1929
社会学要論 ウオード,ディーレー共著 内山賢次
38メンデルの遺伝原理:附・実験遺伝学概論ベートスン小酒井不木1928
39 創造的統一 タゴール 古館清太郎訳 1929
ガンヂー論文集 ガンヂー 高田雄種訳
建説的文学革命論 胡適 柳田泉
40 真理の意味 ジエームス 岡島亀次郎訳 1931
論理学 ヘーゲル 岩崎勉訳
神と国家 バクーニン 麻生義訳
41科学概論ピアソン平林初之輔1930
42 マルクス主義の国家観 マックス・アドラー 井原糺訳 1931
カントとマルクス主義
43エティカスピノザ中山昌樹1929
精神現象の分類に就いてブレンタノ佐藤慶二
カント純粋理性批判解説コヘン今田竹千代訳
44 力学対話 ガリレイ 岡邦雄 1931
新キリスト教論 サアン・シモン 安谷寛一訳
生命力の発展 ユング 中村古峡
45 社会理論 コール 村上啓夫 1929
社会改造の原理 ラッセル 堀真琴
社会学的国家概念と法律的国家概念 ケルゼン 堀真琴
46美学及美学史ベネヂット・クローチエ長谷川誠也,大槻憲二1930
47 マルキシズムの改造 ベルンシュタイン 松下芳男 1928
マルキシズム修正の駁論 カウツキー 山川均
48 相対性理論 アインスタイン 石原純 1930
ヱネルギー恒存の原理・物理学的展望 マツクス・プランク 石原純
49 ゲルトルード ペスタロツチ 田制佐重訳 1927
人間の教育 フレーベル 田制佐重訳
哲学と教育学 ナトルプ 田制佐重訳
民主主義と教育 デユーイ 田制佐重訳
50 太陽の都 カンパネラ 加藤朝鳥訳 1929
ユートピア モーア 村山勇三
無何有郷通信記 モリス 村山勇三
ニユー・アトランティス ベーコン 大戸徹誠訳
51仏典篇1930
浄土三部経友松円諦
維摩経
勝鬘経
法華経田島徳音編
大日経
臨済録東海裕山編
碧巌集
円覚経林岱雲編
52東西宗教文献篇野々村戒三1929
前篇
三経義疏序説聖徳太子
法華諸品大意最澄
山家学生式
上顕戒論表
抄録顕戒論
弁顕密二教論空海
抄録往生要集源信
選択本願念仏集源空
一枚起請文
興禅護国論栄西
抄録正法眼蔵道元
浄土文類聚鈔親鸞
末灯鈔従覚
歎異鈔(不明)
立正安国論日蓮
種々御振舞御書
一遍上人語録(不明)
宗門無尽灯論東嶺
後篇
イエスの山上説教(不明)
パウロ書翰抄
抄録新約外典
フィロン文粋フィロン
神智教駁議イレネウス
抄録神の国アウグステイヌス
抄録神学集成トマス・アクイナス
抄録聖範録トマス・ア・ケムピス
ルッテルの論議九拾五箇条ルッテル
基督者の自由
基督教原理の序カウルヴィン
基督者の完聖ヱスレイ
53 支那思想篇 山口剛 1931
大学
中庸
論語
孟子
荀子(抄)
老子
荘子
墨子(抄)
韓非子(抄)
近思録(抄)
伝習録(抄)
54日本思想篇井箟節三編1927
前篇
国意考賀茂真淵
直毘霊本居宣長
葛花
玉勝間
中篇
入学問答平田篤胤
古道大意
伊吹於呂志
悟道弁
後篇
神皇正統記北畠親房
配所残筆山鹿素行
集義和書熊沢蕃山
折りたく柴の記新井白石
天柱記佐藤信淵
復古法概言
垂統秘録
混同秘策
檄文大塩中斎
55社会学上より見たる芸術 ギュィヨオ 西宮藤朝 1931
56純粋論理学へのプロレゴーメナフツセル鬼頭英一訳1931
57 イマヌエル・カント パウルゼン 伊達保美,丸山岩吉訳 1932
意志の自由 ヴィンデルバンド 戸坂潤
58充足根拠の原理・倫理の二つの根本問題シヨペンハウエル河合哲雄訳1932
59歴史哲学ヘーゲル鬼頭英一訳1932
60 経済と社会 シュパン 向井鍈一訳 1931
社会科学方法論
現代の国家と社会 フィアカント 谷藤重吉訳
61ヴェニスの石.上ジヨン・ラスキン賀川豊彦1931
62ヴェニスの石.下ジヨン・ラスキン賀川豊彦1932
63 経済学及び課税の諸原理:附・穀物の低き価格 ディヴィド・リカアドウ 吉田秀雄訳 1932
農業保護論
64政治学範典 ラスキー 市村今朝蔵 1932
65古代文明研究:太陽の子.上 ペーリー 加藤一夫 1931
66古代文明研究:太陽の子.下 ペーリー 加藤一夫 1932
67近世画家論.1ラスキン御木本隆三1932
68近世画家論.2ラスキン御木本隆三1932
69近世画家論.3ラスキン御木本隆三1933
70 ヴイコの哲学 クロオチエ 青木巌訳 1932
西洋中世哲学概観 ヴルフ 青木巌訳
プラトン哲学体系 バアネツト 青木巌訳
71哲学辞典ヴオルテール安谷寛一訳1932
72マコーレー論文集マコーレー戸川秋骨1933
73 共同社会と利益社会 トェンニース 鈴木晃訳 1933
共同村の歴史.上 ジイド 八太舟三
74経済学の領域及び方法 キインズ 浜田恒一訳 1933
75純粋現象学的及現象学的哲学観フツセル鬼頭英一訳1932
76精神諸科学序説:附・デイルタイ論文集デイルタイ鬼頭英一訳1933
77純粋哲学概論 バウン 賀川豊彦,八太舟三 1933
78 宗教論 エームス著 神保勝世訳 1933
附:宗教と生命 セルビー著 神保勝世訳
79音楽と音楽家.上ロバート・シューマン鈴木賢之進訳1934
80プラトーとプラトー主義・ギリシヤの芸術ペーター八太舟三1933
81近世画家論.第4ラスキン御木本隆三1933
82 悟性善導 スピノザ 鈴木晃訳 1935
本質意志と選択意志 テーニス 鈴木晃訳
83精神科学序説:附・ディルタイ論文集.下ディルタイ鬼頭英一訳1933
84 ルソオとロマンテイシズム バビツト 葛川篤,土戸久夫訳 1933
85反マルクス論.上 カール・ムース著 草間平作 1933
86 共同村の歴史.下 シヤール・ジード 八太舟三 1933
経済学の第一原理 シヤール・ジード 八太舟三
資本主義の将来 ゾムバルト 鈴木晃訳
87現代物質創造史 エドウヰン・スロッソン 須沢官一郎,蝋山芳郎 1934
88 反マルクス論.下 カール・ムース著 草間平作 1934
附:マルクスの国民経済的謬説 ピエール・ラームス著 草間平作
資本家的生産方法におけるマルクスの崩壊要因 ピエール・ラームス著 草間平作
89 文学的回想 ツウルゲーニエフ 宮原晃一郎 1934
黎明期の思想家 ブランデス 宮原晃一郎
90性と性格 ワイニンゲル 村上啓夫 1934
91倫理学の根本問題 テオドール・リップス 鬼頭英一訳 1935
92性と文学 モーデル著 奥俊貞訳 1934
93 人生の意義と価値 ルドルフ・オイケン 陶山務 1934
中世思想より見たる美の哲学 アロイシウス・ロザア著 陶山務
94社会主義と資本主義.上G.B.ショウ加藤朝鳥訳1934
95社会主義と資本主義.下G.B.ショウ加藤朝鳥訳1934
96 新しき社会 ラアテナウ 陶山務 1934
読書論:胡麻と百合 ラスキン 本間立也訳
97過去と現在トマス・カーライル柳田泉1934
98偉大なる創造者ベートオベンロラン高田博厚1934
99経済学原理マルサス吉田秀夫訳1934
100永久的価値ミュンスタベルヒ 渡利弥生訳 1936
101 羅馬美学 ボサンケ 鷲尾雨工 1936
美意識論 サンタヤナ 鷲尾雨工
102美学.上テオドール・リップス佐藤恒久訳1936
103美学.下テオドール・リップス佐藤恒久訳1936
104音楽と音楽家.中ロバート・シュウマン鈴木賢之進訳1935
105音楽と音楽家.下 ロバート・シュウマン鈴木賢之進訳1936
106国法学の主要問題.上ハンス・ケルゼン蝋山芳郎1935
107国法学の主要問題.中ハンス・ケルゼン武井武夫訳 1937
108国法学の主要問題.下ハンス・ケルゼン武井武夫訳 1937
109労働学校ブロンスキー堀秀彦1935
110経済学原理.上J.S.ミル高橋高三訳1936
111経済学原理.中J.S.ミル高橋高三訳1937
112経済学原理.下J.S.ミル高橋高三訳1937
113意志と表象としての世界.上ショペンハウエル図南坦訳1936
114意志と表象としての世界.中ショペンハウエル図南坦訳1936
115新国家論アントン・メンガー河村又介1935
116社会分業論.上デュルケーム山崎早市訳1935
117社会分業論.下デュルケーム山崎早市訳1937
118プレルウディエン:哲学序曲.上ヴィンデルバンド陶山務1935
119プレルウディエン:哲学序曲.下ヴィンデルバンド陶山務1935
120教育と文化 シュプランガー 柿崎純訳 1935
121 児童心理学 A.ビネー 波多野完治 1936
122 音楽と音楽家.下 ロバート・シューマン 鈴木賢之進訳 1936
123 法律社会学原理 F.W.エルサレム 内山慶之進訳 1935
124 意志と表象としての世界.下 ショペンハウエル 図南坦訳 1937

第2期(全29巻)

第2期(全29巻)構成
内容著者訳者・編者出版
1訳文大日本史.第1山路愛山
2訳文大日本史.第2山路愛山
3訳文大日本史.第3山路愛山
4訳文大日本史.第4山路愛山
5訳文大日本史.第5山路愛山
6羅馬衰亡史.第1ギボン野々村戒三
7羅馬衰亡史.第2ギボン野々村戒三
8羅馬衰亡史.第3ギボン野々村戒三
9羅馬衰亡史.第4ギボン野々村戒三
10文芸復興史ブルックハルト山岸光宣訳1930
11仏蘭西革命史.第1カーライル柳田泉1929
12仏蘭西革命史.第2カーライル柳田泉1928
13十九世紀文学主潮史.第1ブランデス吹田順助
14十九世紀文学主潮史.第2ブランデス吹田順助
15十九世紀文学主潮史.第3ブランデス吹田順助
16マキアヴェリよりレニンまでカール・フオルレンダア服部実等訳1931
17独逸社会民主党史.第1メーリング米田幸雄等訳
18独逸社会民主党史.第2メーリング米田幸雄等訳
19独逸社会民主党史.第3メーリング米田幸雄等訳
20独逸社会民主党史.第4メーリング米田幸雄等訳
21英国社会主義.第1マツクス・ベエヤア加田哲二,園乾治訳1929
22英国社会主義.第2マツクス・ベエヤア加田哲二,園乾治訳1929
23唯物論史.第1ランゲ賀川豊彦1929
24唯物論史.第2ランゲ賀川豊彦1930
25羅馬衰亡史.第5ギボン内ヶ崎作三郎1931
26世界文化史.第1ウェルズ北川三郎訳
27世界文化史.第2ウェルズ北川三郎訳
28世界文化史.第3ウェルズ北川三郎訳
29十九世紀文学主潮史4ゲオルク・ブランデス 茅野蕭々 1930

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.