下飯坂元

下飯坂 元(しもいいざか はじめ、1895年明治28年)1月 - 1959年昭和34年)11月23日[1])は、朝鮮総督府官僚岩手県水沢町長

経歴

岩手県胆沢郡水沢町(現在の奥州市)出身[2]1919年大正8年)、中央大学専門部法科を卒業[3]。1922年(大正11年)、朝鮮総督府専売局雇となる[4]1924年(大正13年)11月[4]高等試験行政科に合格した[2]。朝鮮総督府属、警視理事官京畿道地方課長、事務官忠清南道財務部長、江原道警察部長、咸鏡北道警察部長、全羅南道内務部長、農林局米穀課長、同糧政課長を歴任[3][5]1942年(昭和17年)、平安南道知事に就任した[5]。1944年(昭和19年)に退官した[4]

戦後は水沢町長、岩手県町村会長に選ばれた[6]

脚注

  1. 「下飯坂 元氏(元朝鮮総督府平安南道知事)」『毎日新聞』、1959年11月24日、11面。
  2. 輓近大日本拓殖史 1934, p. 484.
  3. 人事興信録 1939, p. シ90.
  4. 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、224頁。
  5. 大衆人事録 1943, p. 朝鮮52.
  6. 『岩手県町村会五十年史』岩手県町村会、1973年、p.230。

参考文献

  • 『輓近大日本拓殖史』日本行政学会、1934年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 外地・満支・海外篇』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1939年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.