三重村 (長崎県)

三重村(みえそん)は、長崎県西彼杵半島にあった村。西彼杵郡に属した。1973年(昭和48年)に南隣[1]長崎市へ編入した。

みえそん
三重村
廃止日 1973年3月31日
廃止理由 編入合併
三重村長崎市
現在の自治体 長崎市
廃止時点のデータ
日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
西彼杵郡
市町村コード 42316-5
総人口 4,882
国勢調査、1970年)
隣接自治体 長崎市、西彼杵郡時津町琴海町外海町
三重村役場
所在地 長崎県西彼杵郡三重村三重郷
ウィキプロジェクト

現在の長崎市三重地区にあたる。

地理

西彼杵半島の南部に位置し、南西の海岸線を角力灘(五島灘)に接する。当地は古くは「三江」とも表記され、京泊・三重・黒崎の3つの入江を形成している様子から三江、のち三重に変わったとされる[2]

  • 山:三方山、土佐賀山、野々岳、御岳、矢筈岳、大岳、烏帽子岳、鳴鼓岳
  • 河川:三重川、杉谷川(三重田川)、多以良川

沿革

地名

を行政区域とする。三重村は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。

  • 畦郷(あぜ)
  • 畝刈郷(あぜかり)
  • 樫山郷
  • 京泊郷
  • 多以良郷[3]
  • 遠木場郷(とおのこば)
  • 松崎郷
  • 三重郷
  • 三重田郷
  • 向郷

参考文献

脚注

  1. 市町村変遷パラパラ地図 完全版 長崎県 1970年8月1日
  2. 角川日本地名大辞典 42 長崎県「三重」
  3. 江戸期は陌苅平(あぜかりたいら)とも称した。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.