三環式化合物

三環式化合物(Tricyclic compound)は、3つの接続した環を含む環式化合物である。ただし薬理学においては、伝統的に複素環式化合物の薬剤を表すのに用いられる。これらには、抗うつ薬抗精神病薬抗てんかん薬抗ヒスタミン薬抗アレルギー薬乗り物酔い薬、かゆみ止め薬睡眠薬鎮静薬)等が含まれる。

歴史

  • 1847年にハルミンは、伝統的儀式や医薬品に用いられてきた植物であるPeganum harmalaの種子から初めて単離された[1]

ギャラリー

自然界に存在

ハルミン

抗うつ薬

イミプラミン

アミトリプチリン

ミルタザピン

イプリンドール

チアネプチン

抗精神病薬

クロルプロマジン

チオリダジン

クロルプロチキセン

ロキサピン

クロザピン

抗ヒスタミン薬

プロメタジン

シプロヘプタジン

ラトレピルジン

ロラタジン

ルパタジン

その他

カルベジロール

シクロベンザプリン

ピゾチフェン

モナテピル

出典

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.