三滝川

三滝川(みたきがわ)は、三重県北部の三重郡菰野町および四日市市を流れる河川二級水系の本流である。幹線流路延長としての法定区間は23.3kmにおよぶ。

三滝川
下流部 堀木橋から下流方を望む 近鉄名古屋線が渡河
水系 二級水系 三滝川
種別 二級河川
延長 23.3 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 62.38 km²
水源 御在所岳(三重県菰野町大字菰野)
水源の標高 1210 m
河口・合流先 伊勢湾(三重県)
流域 日本 三重県
上流部 湯の山温泉にある大石公園

地理

花崗岩帯である御在所岳(三重県菰野町湯の山)に源を発し、四日市市を潤し伊勢湾へ注ぐ。源流付近の三つの滝、蒼滝潜戸の滝百間滝が名前の由来とされる。古くは、三重川として知られ、広重東海道五十三次四日市宿にも描かれている。四日市市末永町には、北東方向に分派する放水路(三滝新川)があり海蔵川に至る[1]

流域の自治体

三重県
三重郡菰野町四日市市

支流

  • 金渓川
  • 矢合川
  • 鳥井戸川
  • 横川
  • 東谷川
  • 西谷川
  • 永代寺川
  • 三滝新川

並行する交通

流域の観光地

脚注

  1. 三滝新川に架かる国道365号末永橋には「三滝川」と書かれている

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.