三浦豕

経歴

初期

1886年(明治19年)に福岡県久留米市に生まれる。紡績会社に就職して働く。ロシアウラジオストックで働いている時に凍傷で片足を失う。

キリスト教入信

帰国後、久留米ルーテル教会でウィンテル宣教師より洗礼を受ける。

1910年(明治43年)に路帖神学校(現・ルーテル学院大学)に入学する。1915年(大正4年)に卒業して、山口県下関市で伝道をするが、渡米してゲティスバーグ大学ジョンズ・ホプキンス大学神学を修め、1920年(大正9年)に帰国する。

神学教育者・牧師

1920年(大正9年)の帰国後九州学院神学部実践神学を教える。

1942年(昭和16年)に日本ルーテル神学専門学校校長を務める。

後に政府により統合された東部神学校の副校長を務める。また、日本基督教団の総会副議長を務める[1]

1946年(昭和21年)より1962年(昭和37年)まで九州女子学院院長を務める。

1962年(昭和37年)に神学校教育から引退すると、亡くなるまでの2年間、千葉県銚子市牧師を務める。

脚注

  1. 総理は富田満、総会議長は阿部義宗であった。

参考文献

  • 「三浦豕」『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年2月20日。ISBN 978-4764240056。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.