三垣

三垣(さんえん)とは、天球天の北極を中心に3つの天区に分けた紫微垣太微垣天市垣の総称。またはその基準となった星座(古代中国では星官という)。

三垣
太微垣紫微垣天市垣
二十八宿
四象
東方青龍
角宿亢宿氐宿房宿
心宿尾宿箕宿 
北方玄武
斗宿牛宿女宿虚宿
危宿室宿壁宿 
西方白虎
奎宿婁宿胃宿昴宿
畢宿觜宿参宿 
南方朱雀
井宿鬼宿柳宿星宿
張宿翼宿軫宿 
近南極星区
元禄中所名星座

星座としての三垣は、藩垣すなわち城壁の形を象ったもので、城門のある南北は開かれた形で左(東)の城壁と右(西)の城壁に分けられる。それぞれ囲っているのは、紫微が宮殿、太微が庭園、天市が市場とされる。

三垣を天球上の領域とするような考え方は『晋書』天文志の段階ではまだ見られない。その後、の丹元子の星座詩『歩天歌』において北極を中心として星座が三垣に分類されている。以後、三垣二十八宿(三垣二十八舎とも)を天上世界の区域名として使うことが一般的となった。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.