三国伝記

三国伝記(さんごくでんき[1])は、室町時代に成立した説話集。著者・ 撰者は玄棟[2]。12巻。

概要

インド中国日本 (梵・漢・和) の三国にわたる説話集である[3]仏教説話を大半が占める。 8月17日の夜に、京都清水寺に参詣した、天竺の梵語坊、大明の漢守郎、近江の和阿弥の3人が、交代でそれぞれの国について物語をするというもの。 それぞれ梵曰、漢曰、和曰で説話が始まる形式で、各国120話、合計360話を収録している。 『太平記』巻三十五の「北野通夜物語」に倣った形式とみられる。成立年は定かではないものの、応永14年以降であると考えられている[4]。なお、 『三宝感応要略録』『発心集』『古事談』『長谷寺霊験記』『沙石集』『山王霊験記』『太平記』などと同文に近いため、関連性が指摘されている。

出典



  1. 三国伝記平仮名本 - CiNii
  2. 三国伝記. 巻10 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2020年11月27日閲覧。
  3. 三国伝記 - J-Stage
  4. 三国伝記 (日本語). WEB版新纂浄土宗大辞典. 2020年11月27日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.