三十番神

三十番神(さんじゅうばんしん)は、神仏習合の信仰で、毎日交替で国家や国民などを守護するとされた30柱の神々のことである。太陰太陽暦では月の日数は29日か30日である。

最澄(伝教大師)が比叡山に祀ったのが最初とされ、鎌倉時代には盛んに信仰されるようになった。中世以降は特に日蓮宗法華宗法華神道)で重視され、法華経守護の神(諸天善神)とされた。これは、京都に日蓮宗を布教しようとした日像が、布教のために比叡山の三十番神を取り入れたためである。また、吉田神道も天台宗・日蓮宗とは別の三十番神として「天地擁護の三十番神」「王城守護の三十番神」「吾国守護の三十番神」などを唱えた。吉田兼倶は三十番神信仰が吉田神道から発すると主張した。1868年、神仏分離にともない、明治時代の初期、一時的に配祠が禁じられていたことがある(現在は各宗派・寺院の判断で堂内祭壇、堂内摂社などの形で自由に祀られている)。

以下は、日蓮宗における三十番神である[1]

神名現在の名称
1熱田大明神熱田神宮
2諏訪大明神諏訪大社
3広田大明神広田神社
4気比大明神気比神宮
5気多大明神気多大社
6鹿島大明神鹿島神宮
7北野大明神北野天満宮
8江文大明神江文神社
9貴船大明神貴船神社
10天照皇太神伊勢神宮内宮
11八幡大菩薩石清水八幡宮
12加茂大明神上賀茂神社下鴨神社
13松尾大明神松尾大社
14大原大明神大原野神社
15春日大明神春日大社
16平野大明神平野神社
17大比叡権現日吉大社西本宮
18小比叡権現日吉大社東本宮
19聖真子権現日吉大社宇佐宮
20客人大明神日吉大社白山姫神社
21八王子権現日吉大社八王子社
22稲荷大明神伏見稲荷大社
23住吉大明神住吉大社
24祇園大明神八坂神社
25赤山大明神赤山禅院
26建部大明神建部大社
27三上大明神御上神社
28兵主大明神兵主大社
29苗鹿大明神那波加神社
30吉備大明神吉備津神社

現在は太陽暦の採用により31日が存在するため、31日の神として五番善神(薬王菩薩、勇施菩薩、多聞天持国天鬼子母神十羅刹女)を勧請する場合がある[2]

脚注

関連項目


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.