三井高俊

三井 高俊(みつい たかとし、生年不詳 - 寛永10年9月6日1633年10月8日))は、江戸時代前期の日本の商人。通称は則兵衛。

来歴

天正年間に伊勢国(現在の三重県)で生まれる。父は近江国佐々木氏の家臣で、越後守の三井高安。

松阪質屋を主業とする店をひらいた。「越後殿の酒屋」とよばれたという。のちの「越後屋」の起こりとなる。店ではほかに酒や味噌の類を商った。

妻は三井殊法。四男の三井高利は江戸で「越後屋三井呉服店(のちの三越)」を開業した。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.