七殿五舎

七殿五舎(しちでんごしゃ)とは、平安京内裏紫宸殿仁寿殿の後方に位置し、主に天皇の后妃の住まう殿舎を指す。これらは後宮と総称され、后妃以外にも東宮やその妃、また親王内親王などもしばしば殿舎を賜った。

からなる。七殿は七間四面(身舎(もや)が東西七間・南北二間で四方にがある)、五舎は五間四面(身舎が東西五間・南北二間で四方に庇がある)で、このうち昭陽舎と淑景舎のみ、それぞれ五間二面の北舎が付属する。

七殿は内裏創建時から存在し、五舎よりも格が上であるとされる。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.