七十二候

七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと[1]

各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「雉入大水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。

古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。

七十二候一覧

二十四節気略本暦(日本)宣明暦(中国)
名称意味名称意味
立春初候東風解凍(こちこおりをとく)東風が厚い氷を解かし始める東風解凍東風が厚い氷を解かし始める
次候黄鶯睍睆(うぐいすなく)が山里で鳴き始める蟄虫始振冬籠りの虫が動き始める
末候魚上氷(うおこおりをいずる)割れた氷の間から魚が飛び出る魚上氷割れた氷の間から魚が飛び出る
雨水初候土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)雨が降って土が湿り気を含む獺祭魚が捕らえた魚を並べて食べる
次候霞始靆(かすみはじめてたなびく)がたなびき始める鴻雁来が飛来し始める
末候草木萌動(そうもくめばえいずる)草木が芽吹き始める草木萌動草木が芽吹き始める
啓蟄初候蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)冬籠りの虫が出て来る桃始華の花が咲き始める
次候桃始笑(ももはじめてさく)桃の花が咲き始める倉庚鳴倉庚が鳴き始める
末候菜虫化蝶(なむしちょうとなる)青虫が羽化して紋白蝶になる鷹化為鳩に姿を変える
春分初候雀始巣(すずめはじめてすくう)が巣を構え始める玄鳥至が南からやって来る
次候桜始開(さくらはじめてひらく)の花が咲き始める雷乃発声遠くでの音がし始める
末候雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)遠くで雷の音がし始める始雷稲光が初めて光る
清明初候玄鳥至(つばめきたる)燕が南からやって来る桐始華の花が咲き始める
次候鴻雁北(こうがんきたへかえる)雁が北へ渡って行く田鼠化為鴽田鼠になる
末候虹始見(にじはじめてあらわる)雨の後にが出始める虹始見雨の後に虹が出始める
穀雨初候葭始生(あしはじめてしょうず)が芽を吹き始める萍始生浮き草が芽を出し始める
次候霜止出苗(しもやんでなえいづる)霜が終りの苗が生長する鳴鳩払其羽鳴鳩が羽を払う
末候牡丹華(ぼたんはなさく)牡丹の花が咲く戴勝降于桑戴勝の木に止ってを生む
立夏初候蛙始鳴(かわずはじめてなく)が鳴き始める螻蟈鳴螻蟈が鳴き始める
次候蚯蚓出(みみずいづる)蚯蚓が地上に這出る蚯蚓出蚯蚓が地上に這出る
末候竹笋生(たけのこしょうず)が生えて来る王瓜生王瓜(からすうり)の実が生り始める
小満初候蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)蚕が桑を盛んに食べ始める苦菜秀苦菜(にがな)がよく茂る
次候紅花栄(べにばなさかう)紅花が盛んに咲く靡草死(なずな)など田に生える草が枯れる
末候麦秋至(むぎのときいたる)麦が熟し麦秋となる小暑至ようやく暑さが加わり始める
芒種初候螳螂生(かまきりしょうず)螳螂が生まれ出る螳螂生螳螂が生まれ出る
次候腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)腐った草が蒸れ蛍になる鵙始鳴が鳴き始める
末候梅子黄(うめのみきばむ)の実が黄ばんで熟す反舌無声反舌鳥が鳴かなくなる
夏至初候乃東枯(なつかれくさかるる)夏枯草が枯れる鹿角解鹿が角を落とす
次候菖蒲華(あやめはなさく)あやめの花が咲く蜩始鳴が鳴き始める
末候半夏生(はんげしょうず)烏柄杓が生える半夏生烏柄杓が生える
小暑初候温風至(あつかぜいたる)暖い風が吹いて来る温風至暖い風が吹いて来る
次候蓮始開(はすはじめてひらく)の花が開き始める蟋蟀居壁蟋蟀が壁で鳴く
末候鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える鷹乃学習鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える
大暑初候桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)桐の花が(来年の)蕾をつける腐草為蛍腐った草が蒸れ蛍となる
次候土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)土が湿って蒸暑くなる土潤溽暑土が湿って蒸暑くなる
末候大雨時行(たいうときどきにふる)時として大雨が降る大雨時行時として大雨が降る
立秋初候涼風至(すづかぜいたる)涼しい風が立ち始める涼風至涼しい風が立ち始める
次候寒蝉鳴(ひぐらしなく)が鳴き始める白露降朝露が降り始める
末候蒙霧升降(ふかききりまとう)深い霧が立ち込める寒蝉鳴蜩が鳴き始める
処暑初候綿柎開(わたのはなしべひらく)綿を包む(がく)が開く鷹乃祭鳥鷹が捕らえた鳥を並べて食べる
次候天地始粛(てんちはじめてさむし)ようやく暑さが鎮まる天地始粛ようやく暑さが鎮まる
末候禾乃登(こくものすなわちみのる)稲が実る禾乃登稲が実る
白露初候草露白(くさのつゆしろし)草に降りた露が白く光る鴻雁来雁が飛来し始める
次候鶺鴒鳴(せきれいなく)鶺鴒(せきれい)が鳴き始める玄鳥帰燕が南へ帰って行く
末候玄鳥去(つばめさる)燕が南へ帰って行く羣鳥養羞多くの鳥が食べ物を蓄える
秋分初候雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)雷が鳴り響かなくなる雷乃収声雷が鳴り響かなくなる
次候蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)虫が土中に掘った穴をふさぐ蟄虫坏戸虫が土中に掘った穴をふさぐ
末候水始涸(みずはじめてかる)田畑の水を干し始める水始涸田畑の水を干し始める
寒露初候鴻雁来(こうがんきたる)雁が飛来し始める鴻雁来賓雁が多数飛来して客人となる
次候菊花開(きくのはなひらく)の花が咲く雀入大水為蛤雀が海に入ってになる
末候蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)蟋蟀が戸の辺りで鳴く菊有黄華菊の花が咲き出す
霜降初候霜始降(しもはじめてふる)霜が降り始める豺乃祭獣山犬が捕らえた獣を並べて食べる
次候霎時施(こさめときどきふる)小雨がしとしと降る草木黄落草木の葉が黄ばんで落ち始める
末候楓蔦黄(もみじつたきばむ)もみじやが黄葉する蟄虫咸俯虫がみな穴に潜って動かなくなる
立冬初候山茶始開(つばきはじめてひらく)山茶花が咲き始める水始氷水が凍り始める
次候地始凍(ちはじめてこおる)大地が凍り始める地始凍大地が凍り始める
末候金盞香(きんせんかさく)水仙の花が咲く雉入大水為蜃が海に入って大蛤になる
小雪初候虹蔵不見(にじかくれてみえず)虹を見かけなくなる虹蔵不見虹を見かけなくなる
次候朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)北風が木の葉を払い除ける天気上騰地気下降天地の寒暖が逆になる
末候橘始黄(たちばなはじめてきばむ)の実が黄色くなり始める閉塞而成冬天地の気が塞がって冬となる
大雪初候閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)天地の気が塞がって冬となる鶡鴠不鳴ミミキジが鳴かなくなる
次候熊蟄穴(くまあなにこもる)が冬眠のために穴に隠れる虎始交が交尾を始める
末候鱖魚群(さけのうおむらがる)が群がり川を上る茘挺出ネジアヤメが芽を出し始める
冬至初候乃東生(なつかれくさしょうず)夏枯草が芽を出す蚯蚓結蚯蚓が地中で塊となる
次候麋角解(おおしかのつのおつる)大鹿が角を落とす麋角解大鹿が角を落とす
末候雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる)雪の下で麦が芽を出す水泉動地中で凍った泉が動き始める
小寒初候芹乃栄(せりすなわちさかう)がよく生育する雁北郷雁が北に渡り始める
次候水泉動(しみずあたたかをふくむ)地中で凍った泉が動き始める鵲始巣が巣を作り始める
末候雉始雊(きじはじめてなく)雄の雉が鳴き始める雉始雊雄の雉が鳴き始める
大寒初候款冬華(ふきのはなさく)蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す鶏始乳が卵を産み始める
次候水沢腹堅(さわみずこおりつめる)沢に氷が厚く張りつめる鷙鳥厲疾鷲・鷹などが空高く速く飛び始める
末候鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)鶏が卵を産み始める水沢腹堅沢に氷が厚く張りつめる

脚注

  1. 『年中行事事典』p360 1958年昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.