一之江橋

一之江橋(いちのえばし)は、新中川に架かるのひとつで、東岸の東京都江戸川区春江町二丁目と西岸の一之江一丁目を結び、国道14号京葉道路)を通す。

北東側から見た一之江橋
国道14号標識

概要

新中川に架かる橋の中で最も交通量が多い橋である。

一之江橋西詰(東京都江戸川区一之江一丁目)以東から京葉道路は有料道路区間となり、東日本高速道路が管理しているが、篠崎インターチェンジまでの区間内には歩道や交差点が設けられ、路線バスも運行されており、事実上一般道と同様である。

また、篠崎インターチェンジから自動車専用道路となるが、一之江橋の起点から千葉県市川市京葉市川インターチェンジまで無料で通行できる。

歴史

一之江橋西詰にある京葉道路起点標と0キロポスト
  • 1960年昭和35年)5月1日[1]:新中川掘削工事とともに、京葉道路の開通と同時に完成した。

諸元

  • 形式 – 5径間カンチレバープレートガーダー桁橋
  • 橋長 – 125.0 m
  • 支間 – 23.0 m + 26.0 m +28.0 m + 26.0 m + 23.0 m[1]
  • 幅員 – 20.5 m (車道:14.5 m 歩道:3.0 m × 2)
  • 管理 – 東日本高速道路株式会社

周辺

  • 環七通り
  • 穀倉公園
  • 江戸川区立新堀小学校
  • 東京都住宅供給公社春江椿住宅

隣の橋

(上流) - 鹿本橋 - 大杉橋 - 一之江橋 - 新椿橋 - 首都高速7号小松川線 - (下流)

脚注

  1. 一之江橋1960-5-1 - 土木学会付属土木図書館、2018年6月24日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.