ヴォクリューズ県

ヴォクリューズ県またはヴォークリューズ県[1](ヴォクリューズけん、ヴォークリューズけん、Vaucluse)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の県である。

ヴォクリューズ県
Vaucluse
ヴォクリューズ県の紋章
位置
概要
県番号 84
地域圏 プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール
県庁所在地 アヴィニョン
郡庁所在地 アプト
カルパントラ
3
小郡 24
コミューン 151
県議会議長 モーリス・シャベール
共和党
統計
人口
国内50位
  (2010年)
555,240人
人口密度 156人/km2
面積¹ 3,567 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

由来

ヴォクリューズとは、プロヴァンサル語のla Vau-cluso(ラテン語でVallis Clausa、「閉ざされた谷」を意味する[1])をフランス語化したもので、その谷からヴォクリューズの水源(fr)が湧き出している[2]

県の制定以来、ヴォクリューズ県全体評議会で用いられる綴りはdépartement de Vaucluseである[3]。しかし、国家地名委員会が定めた綴りは、国家地理情報委員会(fr)によれば、département du Vaucluseである[4]

実際、県名は同名の村、ヴォクリューズにちなんで名づけられている。ヴォクリューズは1945年から現在まで正式名称をフォンテーヌ・ド・ヴォクリューズとしている。村は絵のように美しいヴォクリューズの谷にちなんで改名された。

名称はこうして、元の歴史的な面積と符合しない自然的要素(山、川など)からもたらされた。県の名前は、フランスにヴネサン教皇領アヴィニョンアプトとソー伯領がフランスに併合されてから名づけられた。国会は、1790年8月と11月の2度にわたって上記の領土併合を拒否していた[5]。2つの教皇領の愛国者たちは代表を選出し、ベダリドにあるサン・ローラン教会前に1791年8月に集まった[6]。彼らの大多数はフランス併合を支持した。15万2919票のうちフランス併合賛成は10万1046票だったのである[7]。この出来事は、「自己決定の権利」を最初に表明したものだとみなされている[8]。既成事実を掲示して、9月14日、憲法制定国民議会はアヴィニョンとヴネサンはいまや「フランス帝国の一部」だと宣言した[8]

1793年6月25日、ヴォクリューズ県が新設された[9]。これらの背景については「フランス革命」も参照。

地理

県の地図

ガール県アルデシュ県ドローム県アルプ=ド=オート=プロヴァンス県ヴァール県ブーシュ=デュ=ローヌ県と接している[10]

県の北部にあるヴァルレアスは、郡の四方がドローム県に囲まれた、文字通りの飛び地となっている。

ヴォクリューズ県の地形は、平野台地が交互に続く。最も重要なのはモン・ヴァントゥの南と西に広がる平野で、コンタ平野には県人口の多数が暮らしている。平野は西のローヌ川から南のデュランス川、そしてヴォクリューズ山地(最高峰は1256mのサン・ピエール峰)まで広がっている。一帯は非常に肥沃な土壌である。コンタ平野は北東端が石灰岩質の地形と境界を接しているが、これはアルプス山脈が最も南西に伸びた地点である。

プロヴァンスの巨人」と呼ばれるモン・ヴァントゥは標高が1912mある、ヴォクリューズの風景を支配する存在である[10]。モン・ヴァントゥの特別な植物相生物多様性は、1990年に生物圏保護区として登録するようUNESCOを動かした。山地の大規模な植生は主として針葉樹である。県南部のリュベロン山地は複雑な生態系を抱えている。これがリュベロン地域圏自然公園の創設につながった。最高地点はムール・ネグル山の1125mである。

河川は石灰岩質の台地を刻み、ネスク渓谷ルールマランといった、様々な風景を生み出している。

暑い夏と旱魃が毎年繰り返されるにもかかわらず、ヴォクリューズ県には水がある。西のローヌ川と南のデュランス川は県を区切るように流れる。

  • その他の河川 - ソルグ川、オゾン川、ブロン川、カヴァロン川、カルレ川、ドア川、エグ川、イメルグ川、ネスク川、ウヴェーズ川、ルビヌ川、セナンコル川、ヴェロンクル川
  • 水源 - ヴォクリューズの水源は年平均19,30 m3/sの水が湧き出る。
  • 運河 - カルパントラ運河、ドンゼール=モンドラゴン運河、プロヴァンス運河、サン・ジュリアン運河
  • 湖 - ボンド湖、アプト湖、モニウー湖、リュストレル湖
ローヌ川とデュランス川の合流地点

歴史

フランス革命以前の州で色分けされた県の地図:
  ヴネサン.
  オランジュ公領は1713年にドーフィネと統合された

1791年9月にアヴィニョン教皇領とヴネサンがフランスに併合されると、これらは1792年3月28日に2つの新しい郡に再編された。アヴィニョンはブーシュ=デュ=ローヌ県に、カルパントラはドローム県に併合された。1793年8月にヴォクリューズ県が創設されると、アヴィニョンとカルパントラは郡となった。しかしアプトとオランジュはブーシュ=デュ=ローヌ県に、ソー小郡はバスザルプ県(現在のアルプ=ド=オート=プロヴァンス県)に加わったままだった。1800年、県境の最後の修正が行われ、シュズ・ラ・ルスがドローム県に割譲された。このため、ヴァルレアス郡がドローム県に囲まれた完全な飛び地となってしまった[11]

1815年6月、ワーテルローの戦い第七次対仏大同盟が勝利すると、県は1818年11月までオーストリア帝国軍に占領されていた。

1988年以降、日本栃木県と友好交流を実施している。栃木県が東京・新宿で開催したイベント「マロニエ・フェスティバル」に際して、エールフランス航空が仲立ちをした[1]

人口統計

県人口の多数が、経済的な中心地であるアヴィニョン都市圏付近に集中する[12]

県内にある151のコミューンのうち、人口が1万人超えるのは13のコミューンである。県では、フランス以外のヨーロッパ諸国出身者(主にスペインイタリア)が移民の40%を占めている。マグリブ諸国出身者は移民の約半数を占めている。主にモロッコ出身者が多い[13]

人口の推移
1801年1831年1841年1851年1856年1861年1866年
191.421239.113251.080264.618268.994268.255266.091
1872年1876年1881年1886年1891年1896年1901年
263.451255.703244.149241.787235.411236.313236.949
1906年1911年1921年1926年1931年1936年1946年
239.178238.656218.602230.549241.689245.508249.838
1954年1962年1968年1975年1982年1990年1999年
268.318303.536353.966390.446427.343467.075499.685

主なコミューン

コミューン人口
2008
変遷
2007/1999
アヴィニョン90,109[B 1]  6,2 %
オランジュ29,527[B 2]  7,2 %
カルパントラ29,015[B 3]  9,4 %
カヴァイヨン25,417[B 4]  4,2 %
リル=シュル=ラ=ソルグ18,933[B 5]  10,8 %
ペルテュイ18,872[B 6]  4,8 %
ソルグ18,232[B 7]  5,7 %
ル・ポンテ16,886[B 8]  12,5 %
ボレーヌ14,091[B 9]==  -0,8 %
アプト11,144[B 10]==  0 %
モントー10,789[B 11]  12,3 %
ペルネ・レ・フォンテーヌ10,440[B 12]  3,4 %

Source : Insee[14]

経済

カヴァロンの平野に広がるブドウ畑、野菜畑、穀物

農産物加工を含む農業が主要な産業であり[1]、売り上げの90%をワイン果物野菜の三大生産を中心に構成される。ヴォクリューズは国内第1位のサクランボ生産県(直接消費か食品加工用)である。次いでリンゴブドウ、第2にトマトメロンが多い。その他に生産される果物と野菜には、オリーブイチゴ、地元料理に多く使われるナシがある。果実栽培が盛んなことを生かして、フランス産ジャムの約8割を生産している[1]

ワイン業界は、コート・デュ・ローヌで良い評価を得ている。主な生産地はシャトーヌフ=デュ=パプジゴンダスヴァッケラスである。リュベロンおよびヴァントゥのワインは、製品を広い範囲で開発する傾向があるので(ロゼワインが生産される)、プロヴァンスワインに関連付けられる。

長い間山の斜面で自給自足経済の基盤となってきた牧畜は、わずかに行われている。

ヴォクリューズ山地の丘陵で行われている専門作物栽培(香料を採取するためラベンダーが栽培される)は、市場の拡大に恵まれ発展している。

ヴォクリューズは国の電気エネルギー産業の主要生産県で、トリカスタン原子力地区、ドンゼール=モンドラゴン・ダム、ボレーヌの風力発電所を抱える。

観光は、直接的(ホテル、キャンプ、レジャーなど)、間接的(料理)に県経済の重要な部分を占めている。県は毎年350万人の観光客を迎えている[12]。主な目的地はリュベロン(一泊滞在者が27.5%)、アヴィニョン(アヴィニョン教皇庁アヴィニョン演劇祭、一泊滞在者は26%)、モン・ヴァントゥ(一泊滞在者15.4%)である。残りは多かれ少なかれヴォクリューズ全体に散らばる。フランス人観光客が大多数を占めるが、国際観光も成長している[15]

県全体評議会のサイトによると、観光は年間6.1億ユーロの売り上げをもたらしている[16]

脚注

  • INSEEに掲載された2007年1月1日時点の人口
  1. « Avignon »
  2. « Orange »
  3. « Carpentras »
  4. « Cavaillon »
  5. « L'Isle-sur-la-Sorgue »
  6. « Pertuis »
  7. « Sorgues »
  8. « Le Pontet »
  9. « Bollène »
  10. « Apt »
  11. « Monteux »
  12. « Pernes-les-Fontaines »

文献

  • J. Girard, Les États généraux du Comtat Venaissin depuis leur origine jusqu’à la fin du XVIe siècle, T. V et VI, Mémoires de l’Académie du Vaucluse, 1905-1906.

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.