ヴィラ・ヴェーリャ

ヴィラ・ヴェーリャ(Vila Velha)は、ブラジルの都市。人口396323人、面積208.82キロ².[1]エスピリトサント州に属する。州都ヴィトーリアの向かいに位置し、ブラジルで2番目に高い橋である第三橋(Terceira Ponte)によって結ばれている。ヴィラ・ヴェーリャは大西洋に面し、大ヴィトリア圏の一部をなしている。ブラジル最大のチョコレート会社であるガロト(Garoto)社はここに本拠を置いている。ヴィラ・ヴェーリャでは近年不動産開発が急速に進んでおり、メインビーチには豪華な建物が立ち並ぶようになった。

Vila Velha
Municipality
The Municipality of Vila Velha
ヴィラ・ヴェーリャのスカイライン


印章
愛称: 
The Land of Green-Shins
Location in the State of Espírito Santo
 ブラジル
建設 1535年5月23日
行政
  市長 Neucimar Ferreira Fraga (PR)
面積
  合計 208km2
人口
(2008)
  合計 407,579人
等時帯 UTC-3 (UTC-3)
Postal Code
29100-000
市外局番 +55 27
ウェブサイト Vila Velha, Espírito Santo

ヴィラ・ヴェーリャは1535年5月23日にヴァスコ・フェルナンデス・コウチニョ(Vasco Fernandes Coutinho)によって建設された。これはエスピリトサントでも最も古い時期にあたるが、原住民との争いからヴァスコ・フェルナンデス・コウチニョは本拠を対岸のヴィトリアに移し、以後ヴィラ・ヴェーリャは静かな村に戻った。しかし、現在ではヴィトリア圏の一部としてエスピリトサント州で最も大きな街のひとつとなっている。

出身者

脚注

  1. IBGE -

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.