ワールドスーパージョッキーズシリーズ

ワールドスーパージョッキーズシリーズWORLD SUPER JOCKEYS SERIES)は、日本中央競馬会(JRA)が1987年から2014年まで開催していた中央競馬の国際騎手招待競走シリーズである。「WSJS」の略称も用いられる。

概要

外国の招待騎手と日本(中央競馬・地方競馬)の代表騎手にサマージョッキーズシリーズの総合優勝騎手を加えた16人(2013年までは15人)が集い、騎乗馬を抽選で決め、4競走のポイント制で総合優勝を争う[1]

第1回から暮れの阪神競馬第1週に行われていた(1990年は阪神競馬場スタンド改築および馬場改造工事のため京都競馬場で開催)[1]が、2010年にジャパンカップの第30回を記念してジャパンカップの前日に東京競馬場で初開催[1]され、以後も2012年と2014年は東京競馬場で行われた[1]

2015年以降、騎手招待競走は夏季・札幌競馬場に開催を移動し、「ワールドオールスタージョッキーズ」と改称して開催することとなった[2]

対象競走

以下の内容は、2014年の実施要綱[3]に基づく。

競走名施行日競走番号競走条件施行距離
2014エクセレントジョッキーズトロフィー第5回東京競馬第8日
(11月29日)[4]
第9競走3歳以上1000万下芝1600m
2014ファンタスティックジョッキーズトロフィー第11競走3歳以上1600万下芝1400m
2014マーヴェラスジョッキーズトロフィー第5回東京競馬第9日
(11月30日)[4]
第8競走3歳以上1000万下ダート1600m
2014プロミネントジョッキーズトロフィー第10競走3歳以上1600万下芝2000m

2013年の対象競走

阪神競馬場で最後に行われた2013年の対象競走は、下表の通り。

競走名施行日競走番号競走条件施行距離
2013ゴールデンサドルトロフィー第5回阪神競馬第1日
(11月30日)[5]
第9競走3歳以上1000万下芝1400m
2013ゴールデンブライドルトロフィー第11競走3歳以上1600万下ダート1800m
2013ゴールデンブーツトロフィー第5回阪神競馬第2日
(12月1日)[5]
第10競走3歳以上1000万下芝2000m
2013ゴールデンホイップトロフィー第12競走3歳以上1600万下芝1600m(外回り)

出場騎手の選定方法

2014年の出場騎手選定方法は以下の通り。

出馬投票締切後に騎乗予定騎手が騎乗できなくなった場合は、対象となるすべての競走に騎乗できる勝利度数上位のJRA所属騎手を補欠騎手として充当する[3]

JRA所属騎手

特別参加騎手(1名)のほか、以下の方法により6名(関東・関西から各3名)を選出[3]。「勝利度数」は2014年1月1日から11月2日(第4回東京競馬第9日・第4回京都競馬第9日・第3回福島競馬第6日)までに行われた中央競馬の競走・地方競馬の指定交流競走・JRA理事長が指定した外国の競走における1着回数としている[3]。なお、勝利度数が同数の場合は2着以下の回数を比較して上位の着順が多い騎手を勝利度数上位とみなして取り扱う(2着以下の回数も同数の場合は抽選)[3]

  • 特別参加騎手:2014年サマージョッキーズシリーズのシリーズチャンピオンとなった騎手(シリーズチャンピオンが外国騎手だった場合は、JRA所属騎手のうち勝利度数上位の1名)[3]
  • 勝利度数上位の2名(関東・関西から各1名)[3]
  • 前項以外の4名は、以下により選出
    • JRAの選考委員会において、勝利度数以外で顕著な活躍を認められた騎手[3]
    • 前項までで定数に満たない場合は、勝利度数が上位の騎手[3]

選出されたJRA所属騎手が騎乗馬決定後に騎乗できなくなった場合は、勝利度数上位のJRA所属騎手を補欠騎手として充当する[3]

外国騎手・地方競馬代表騎手

  • 外国騎手:アメリカ・ヨーロッパ・オセアニア・アジア地区から各地区1名以上、計8名を選出[3]。なお、2014年サマージョッキーズシリーズのシリーズチャンピオンが外国騎手だった場合は、当該騎手の所属地区から優先して選出する[3]
  • 地方競馬代表騎手:2014年11月4日までに地方競馬全国協会から代表騎手と補欠騎手各1名の推薦を受け、JRAが決定する[3]。なお、2014年11月17日までに参加予定の地方競馬代表騎手(補欠騎手を含む)が騎乗できなくなった場合は、あらためて地方競馬全国協会から推薦を受け、JRAが決定した地方競馬所属騎手を地方競馬代表騎手とする[3]

選出された外国騎手・地方競馬代表騎手が2014年11月18日以降に騎乗できなくなった場合は、勝利度数上位のJRA所属騎手を補欠騎手として充当する[3]

出走馬・騎乗馬の選定

出走馬は第1回特別登録を行った馬から、該当する競走条件が上位の馬16頭以内を選定[3]。同一順位の馬が多数いる場合は抽選により選定し、抽選に漏れた馬を補欠馬とする(補欠順位は上記の選定方法に準じる)[3]。出走馬の選定後、出馬投票の締切までに疾病等で出走できなくなった馬がある場合は、補欠順位が上位の馬から選定馬として補充する[3]

騎乗馬は各競走の選定馬を近走成績等でグループ分けしたうえで抽選を行い、決定する[3]。ただし、出走予定馬が16頭に満たない場合は、補欠騎手以外の騎手から抽選により騎乗する騎手を決定する[3]

ポイント付与・騎手表彰

各競走ごとに、着順に応じた下表のポイントを与える[3]。なお、同着の場合は各同着者に着順に応じた点数を付与[3]し、出走馬不足・出走取消・競走除外等騎手本人の責によらず騎乗できなかった場合、および競走中止の場合は出走馬がすべて入線したとする場合の最下位と同得点を与える[3]。また、騎手本人の責により騎乗できなかった場合および失格の場合は点数を与えない[3]

1着2着3着4着5着6着7着8着9着10着・11着12着以下
20点15点13点11点10点6点5点4点3点2点1点

個人のポイントを比較し、上位となった騎手には以下の賞金・賞品が与えられる。

  • 総合優勝 - 300万円、およびトロフィー[3]
  • 2位 - 200万円[3]
  • 3位 - 100万円[3]

歴代優勝者

2010年は1日に3競走を施行[1]

騎手の所属は当時のもの。

回数施行日競馬場総合優勝騎手所属
第1回1987年12月5日・6日阪神キャッシュ・アスムッセン[6]アメリカ
第2回1988年12月3日・4日阪神柴田政人[6]JRA
第3回1989年12月2日・3日阪神松永幹夫[6]JRA
第4回1990年12月1日・2日京都岡部幸雄[6]JRA
第5回1991年11月30日・12月1日阪神南井克巳[6]JRA
第6回1992年12月5日・6日阪神武豊[6]JRA
第7回1993年12月4日・5日阪神岡部幸雄[6]JRA
第8回1994年12月3日・4日阪神石崎隆之[6]船橋
第9回1995年12月2日・3日阪神横山典弘[6]JRA
第10回1996年11月30日・12月1日阪神ジェリー・ベイリー[6]アメリカ
第11回1997年11月29日・30日阪神川原正一[6]笠松
第12回1998年12月5日・6日阪神オリビエ・ペリエ[6]フランス
第13回1999年12月4日・5日阪神柴田善臣[6]JRA
第14回2000年12月2日・3日阪神オリビエ・ペリエ[6]フランス
第15回2001年12月1日・2日阪神鮫島克也[6]佐賀
第16回2002年11月30日・12月1日阪神河内洋JRA
第17回2003年12月6日・7日阪神柴田善臣[6]JRA
第18回2004年12月4日・5日阪神ダグラス・ホワイト[6]香港
アンドレアス・スボリッチ[6]ドイツ
第19回2005年12月3日・4日阪神岩田康誠[6]兵庫
第20回2006年12月2日・3日阪神アンドレアス・スボリッチ[6]ドイツ
第21回2007年12月1日・2日阪神クレイグ・ウィリアムズ[6]オーストラリア
第22回2008年12月6日・7日阪神イオリッツ・メンディザバル[6]フランス
第23回2009年12月5日・6日阪神横山典弘[6]JRA
第24回2010年11月27日東京ライアン・ムーア[6]イギリス
第25回2011年12月3日・4日阪神ジョン・ムルタ[6]アイルランド
第26回2012年11月24日・25日東京ザカリー・パートン[6]香港
第27回2013年11月30日・12月1日阪神リチャード・ヒューズ[6]イギリス
第28回2014年11月29日・30日東京浜中俊[7]JRA

関連項目

  • スーパージョッキーズトライアル - 地方競馬全国協会が推薦する地方競馬代表騎手を選定するシリーズ戦
  • インターナショナルジャンプジョッキーズ - 1999年に開催された、障害の国際騎手招待競走

脚注・出典

注釈

    出典

    参考文献

    • 優駿」1988年1月号(第1回国際騎手招待競走記事)
    • 「優駿」1989年1月号(第2回ワールドスーパージョッキーズシリーズ記事)

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.