ワイル・フェリックス反応

ワイル・フェリックス反応(ワイル・フェリックスはんのう、: Weil-Felix test)とは、リケッチア感染症の患者に対する臨床診断試験のこと[1]

概要

リケッチア感染症患者の血清はその疾患に応じてプロテウス属のOX-19株、OX-2株、OX-K株に対する凝集素を持つ[1]。これはリケッチアとプロテウスの間に共通抗原をもつことによる[1]。その性質を利用して臨床診断試験に応用したものがワイル・フェリックス反応である[2] 。特異性が十分ではないため、現代では蛍光抗体法ELISA法にとってかわられつつある[1]

1915年にチェコのオーストリア人医師エドムント・ヴァイルとポーランド生まれの細菌学者アーサー・フェリックスにより開発された[3][4]

反応

脚注

  1. 南山堂医学大辞典 第12版 ISBN 978-4525010294
  2. Walker, DH and DH Bouyer. Rickettsia and Orientia. In: Manual of Clinical Microbiology, 9th Edition. 2007. ASM Press:Washington, DC. p. 1042
  3. Cruikshank, R. The Weil-Felix reaction in typhus fever. 1927. J Hyg (Lond) 27(1): 64-69.
  4. Brade, Helmut, ed (1999). Endotoxin in Health and Disease. CRC Press. p. 11. ISBN 9780824719449. http://books.google.com/books?id=oWhqhK1cE-gC&pg=PA11&lpg=PA11&dq=Arthur+Felix+microbiologist 2015年8月8日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.