ワイコロア・ビーチ

ワイコロア・ビーチ英語: Waikoloa Beach)はアメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島西部の南コハラにある場所で、ヒルトン・ホテルを中心としてハワイ島西海岸の数あるリゾート地でも最大で、しかも養殖用の養魚池岩面彫刻などのハワイ先住民の文化が残っていてハワイの伝統文化も学べる所である。なお、ハワイの伝統的な土地制度で同じワイコロアに属するワイコロア・ビレッジは、ワイコロア・ビーチから山側へ9.2km (5.8マイル)にある住宅コンドミニアムのエリアである。

ワイコロア・ビーチで、フィッシュ・ポンドも2つ見える。

世界有数のリゾート地

ワイコロア・ビーチは世界有数のリゾート地として開発された。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジは、約250,000平方メートルの敷地内には1,500の客室とスイートがあり、ホテル内ではボートまたはトラムで移動できる。1988年に日本の資本で「ハイアット・ホテル」として建設されたが、2002年に「ヒルトン・ホテル」へ売却されている。現在は巨大なホテル施設になっていて、移動に船を利用したり、イルカと遊べる池などがある。 [1]

ワイコロア・ビーチ・マリオット

ワイコロア・ビーチ・マリオットは、約60,000平方メートルの敷地を持つオーシャンフロントのリゾート。ヒルトンより、南にある。 [2]

その他のリゾート施設

その他のコンドミニアムなどの宿泊施設、ゴルフコースなどもある。また、Queens' MarketPlace、Kings' Shopsは商店・レストラン群で、リゾート内の訪問者だけでなく、ハワイ島全島の居住者も様々な行事の機会に集まる。

ハワイの自然と歴史

リゾート地として開発されたが、ハワイのハワイの自然と歴史も十分体験できる場所である。

アナエホオマル湾

ワイコロア・ビーチは南コハラのアナホオマル湾(Anaehoomalu Bay)に面していて、岩海岸と砂海岸がある。ここではシュノーケリングができ、フィッシュポンドもあり、夕日の名勝でもある。

アラ・カハカイ国立歴史トレイル

ハワイ王朝時代の交易用小道跡「アラ・カハカイ国立歴史トレイル」がハワイ島の西部と南部に残っていて、ワイコロア・ビーチでも見たり、そこを歩くことができる。

淡水海水交じりの池

アンキアライン池の標識(ワイコロア・ビーチで)

淡水海水交じりの池は、海への出口もあるが常に真水が潤している池である。1985年よりハワイ大学の管理する「ワイコロア・アンキアライン池保護エリア」(Waikoloa Anchialine Pond Preservation Area)となっている。甲殻類、軟体動物、エビの一種などが生息している。

2つの養魚池

アナエホオマル湾の浜側に、クウアリイ養魚池(Kuʻualiʻi Fishpond)とカハパパ養魚池(Kahapapa Fishpond)がある。地形学上はアンキアライン池で、ハワイ先住民が盛んに魚養殖をしていた所である。

岩面彫刻

ハワイ先住民は文字を持たなかったが、溶岩の平らな面に様々な図柄をそこここに残していて、「岩面彫刻」(Petroglyph)と呼ばれている。ワイコロア・ビーチは岩面彫刻を最も身近に見られる場所のひとつである。

交通

ワイコロア・ビーチへはコナ国際空港から車でハワイ州道19号線を北へ、約20分の距離にある。ヒロ国際空港からは1時間程係る。 [3]

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.