ロンバルド=ヴェネト王国

ロンバルド=ヴェネト王国イタリア語: Regno Lombardo-Veneto)は、19世紀の北イタリアに存在し、オーストリア帝国ハプスブルク君主国)の構成国であった王国

ロンバルド=ヴェネト王国
Regno Lombardo–Veneto
Règn Lombard–Vènet
Regno Lonbardo–Veneto
Königreich Lombardo–Venetien
1815年 - 1866年
(国旗) (国章)
国の標語: Austria Est Imperare Orbi Universo
国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給え

1815年のロンバルド=ヴェネト王国
公用語 イタリア語ドイツ語
(その他口語として西ロンバルド語ヴェネツィア語フリウリ語などが話されていた)
首都 ミラノヴェネツィア
1815年 - 1835年 フランチェスコ1世(初代)
1835年 - 1848年フェルディナンド1世
1848年 - 1866年フランチェスコ・ジュゼッペ1世(最後)
副王
1849年 - 1857年ヨーゼフ・ラデツキー
1857年 - 1859年マクシミリアン
面積
1850年46,991km²
人口
1850年5,100,000人
変遷
建国 1815年6月9日
ミラノの5日間1848年3月22日
ロンバルディアサルデーニャ王国へ割譲1859年11月10日
ヴェネツィアも割譲し、イタリア王国へ併合される1866年10月12日
現在 イタリア

歴史

王国の国境

ウィーン会議により1815年6月9日に公式に成立し、ミラノ公兼マントヴァ公だったオーストリア皇帝フランツ1世がロンバルド=ヴェネト王フランチェスコ1世となった(在位:1815年 - 1835年)。そして以後もオーストリア皇帝が国王を兼ねた。

フェルディナンド1世(皇帝フェルディナント1世)統治時代の1848年3月22日ミラノの5日間の蜂起の後、ミラノのオーストリア人は捕らえられ、ロンバルディア臨時政府の成立が宣言された。ヴェネツィアでも同年3月23日に反オーストリア勢力の蜂起が起こり、ヴェネツィア臨時政府の成立が宣言された。しかし同年7月24、25日にクストーザサルデーニャ王国軍に対してオーストリア軍が勝利した後、8月6日にミラノは再占領され、ロンバルディア臨時政府は解散させられた。翌1849年8月24日にはヴェネツィアもオーストリアに降服し、ヴェネツィア臨時政府も解散させられた。

ロンバルド=ヴェネト王国は、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世イタリア独立戦争時代の1859年第二次イタリア独立戦争の際にロンバルディアサルデーニャ王国に占領され、1861年にロンバルディアはイタリア王国の一部として併合、1866年普墺戦争に介入した第三次イタリア独立戦争ヴェーネトが併合されるまで続いた。

歴代国王

副王/総督
フランチェスコ1世 1814年1835年 ハインリヒ・レウス・プラウエン総督 1814年1815年
ハインリヒ・ヨハン・ベルギャルド総督 1815年1816年
アントニオ・ヴィットーリオ副王 1816年1818年
ラニエーリ・ダズブルゴ副王 1818年1835年
フェルディナンド1世1835年1848年 ラニエーリ・ダズブルゴ副王 1835年1848年
フランチェスコ・ジュゼッペ1世 1848年1859年 ヨーゼフ・ラデツキー副王 1848年1857年
マッシミリアーノ1世・ダズブルゴ副王 1857年1859年
フェレンツ・ジュライ副王 1859年
ハインリヒ・ヘルマン・フォン・ヘス副王 1859年
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.