ロバート・ホルトン

ロバート・アントニー・ホルトンもしくはロバート・アントニー・ホールトン英語:Robert Anthony Holton 、1944 - )はアメリカ化学者であり、抗がん剤として有用なタキソール全合成を最初に達成した人物として知られている。フロリダ州立大学化学教授である。ホルトンの研究グループは多くの天然物の人工合成を達成してきた。代表的なものとしてプロスタグランジンFやナルウェダイン、アフィジコリンタクスシンや前述のタキソール、ヘミブレベトキシンBなどがある。ホルトンは科学事務局長、タキソログコーポレーションの共同設立者や理事会のメンバーとしても活動し、MDS研究財団の設立者の一人となり、その財団長も勤めたほか、シンキュア(英語:Syncure)でも活動していた。

ロバート・ホルトン
生誕1944年????[1]
国籍アメリカ
出身校フロリダ州立大学
ノースカロライナ大学
職業化学者

教育

脚注

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.