ロシアの政治

ロシア

ロシアの政治



その他の国 · 地図

ロシア連邦の政治は、1993年12月12日国民投票採択された憲法に基づいて行われる。

憲法の基礎

連邦制
しかし、この意味での民主主義も連邦制も、憲法の精神の中には存在しない。主権、誠実さ、統一された国家権力のシステム、中央集権的な統治は、単一国家の特徴として知られている。連邦は、最低でも、中央当局の干渉を受けることなく、国民が自らの力で国家権力の機関を形成する能力を有していることと、権威と権力の国民の相互分化が存在していることによって区別される。このことはすべてロシア憲法にも、憲法裁判所の裁定の推論にもあるが、その結論には何の影響もなく、絶対的に矛盾している。そして、知事を任命する仕組みが、少なくとも連邦制の原則に合致しているとは考えにくい。 憲法裁判所が参照している憲法の同じ規範を読み違えれば、統一的な意味での国家権力のシステムは存在しない。実際、私たちが話しているのは、国家権力の2つの制度、すなわち、連邦機関の制度と、ロシア連邦国民の国家権力の機関の制度であり、それぞれが独自の権限を持っているということです。ロシア連邦憲法裁判所裁判官 アナトリー・コノノフによる意見 2005年12月21日[1]
社会国家

憲法第7条によると、ロシア連邦は社会国家であり、その政策は、個人の良識ある生活と自由な発展を保障する条件を作り出すことと明記されている。

世俗国家

第14条の一項ではロシアは世俗国家ともされていて、国教として成立している宗教や義務で成立している宗教は存在しないと明記されて、二項では宗教団体は国家とは別個のものであり、法の前には平等であるとされている。

政治的・思想的多様性

憲法第13条は、ロシアでは政治的・思想的多様性、多党制民主主義、法の前の公団の平等が認められていることを定めている。イデオロギーは、国家や強制的なものとして確立されることはないと明記されている。 憲法秩序の基盤を強制的に変更し、ロシア連邦の完全性を侵害し、国家の安全を損なうこと、武装組織を作り、社会的、人種的、民族的、宗教的不和を扇動することを目的とした公団の設立と活動は禁止されている。

政府の形態

1993年ロシア連邦憲法第1条の一部によると

ロシア連邦は、共和制国家である。

と明記されている。 行政府と立法府の権限バランスは、大統領制議会内閣制の特徴を組み合わせた半大統領制国家とされている[2]。 しかし、2011年、ロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領はインタビューでこう語った。

我がロシアに連立政権は存在しません。この国は議会内閣制じゃなくて大統領制だからです。大統領制を作る大統領府があります。これに賛同しない人は、無視する他ありません。それしかないのです。賛同しない人は厳しい立場に置かれますが、それがはっきりとした立場なので、あのままにしておこうと思います。[3]

国家権力

憲法第10条では、ロシア連邦の国家権力は立法権、行政府、司法権に分割された上で行使されることを規定している。 立法権、行政府及び司法権の機関は、独立していなければならない。このように、三権分立の原則の認識は憲法上確立されている。 ロシア連邦憲法第11条では、国家権力の行使の対象として以下が存在する。

  • ロシア連邦の大統領
  • 連邦議会(連邦評議会と州議会)
  • ロシア連邦政府
  • ロシア連邦の裁判所

ロシア連邦の構成主体における国家権力は、それらが形成する国家権力の機関によって行使されなければならないことを特に強調しなければならない。 ロシア連邦の国家政府機関とロシア連邦の構成機関の国家政府機関との間の管轄権及び権限の分割は、ロシア連邦憲法及び管轄権及び権限の分割に関する連邦及びその他の協定によって、故意に行われるものとする。

第12条の規定により、地方自治体は国の政府機関の制度に属してはならない。 ただし、その権限の範囲内で独立し、地方自治はロシア連邦で認められ、保証されるものとする。

脚注

  1. Постановление КС РФ от 21.12.2005. N 13-П
  2. Бархатова Е.Ю. Комментарий к Конституции Российской Федерации. - М.: Проспект, 2010年”. 2014年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  3. Интервью телеканалам «Первый», «Россия» и НТВ”. Президент России. 2020年4月18日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.