レンチオニン

レンチオニン(Lenthionine)は、有機硫黄化合物の一つで、シイタケの香り成分である[1]。レンチオニンの形成のメカニズムは不明であるが、おそらくC-Sリアーゼが関わっていると考えられている。

レンチオニン
識別情報
CAS登録番号 292-46-6
PubChem 67521
特性
化学式 C2H4S5
モル質量 188.38 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シイタケの芳香の他、血小板凝集能を阻害する効果があるため血栓症(Thrombosis)の治療に有効である[2]ニンニクに見られる有機硫黄化合物にも同様の効果が認められる。

脚注

  1. Eric Block and Russell Deorazio (1994). “Chemistry in a salad bowl: Comparative organosulfur chemistry of garlic, onion and shiitake mushrooms”. Pure & Appl. Chem. 66 (10/11): 2205–2206. doi:10.1351/pac199466102205. http://www.iupac.org/publications/pac/1994/pdf/6610x2205.pdf.
  2. T. Shibuya, S. Shimada, H. Sakurai, and H. Kumagai (2005). “Mechanism of inhibition of platelet aggregation by lenthionine, a flavor component from shiitake mushroom”. IFT Annual Meeting: Presentation 54G–9. オリジナルの2007年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070311025520/http://ift.confex.com/ift/2005/techprogram/paper_29006.htm.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.