レオポルト・クーペルヴィーザー

レオポルト・クーペルヴィーザー(Leopold Kupelwieser、1796年10月17日 - 1862年11月17日)はオーストリアの画家である。宗教画や肖像画を描いた。

レオポルト・クーペルヴィーザー
Leopold Kupelwieser
自画像
生誕1859年10月4日
オーストリア,Markt Piesting
死没1859年10月4日
オーストリア,ウィーン

略歴

ニーダーエスターライヒ州のマルクト・ピースティング(Markt Piesting)に生まれた。父親は食器メーカーの共同経営者であった[1]。美術の才能は幼い頃から知られ、彫刻家のザウナー(Franz Anton von Zauner)に認められて12歳の時に、ウィーン美術アカデミーに入学した[2]

1824年にはローマを訪れ、当時ローマで活動していたヨハン・フリードリヒ・オーファーベックや「ナザレ派」の画家たちから影響を受けた[2]。パトロンであったロシア貴族ベレージン(Alexei Sergeyevich Berezin)が没した後、ウィーンに戻り、肖像画家や版画の元絵の画家として知られた。

「Schubertianern」と呼ばれるフランツ・シューベルトの友人仲間の一人で、1826年のクーペルヴィーザーの結婚式のときには、シューベルトが即興でワルツ曲を演奏した。シューベルトはこの曲の楽譜を残さなかったが、後にクーペルヴィーザーの娘などが演奏し、リヒャルト・シュトラウスが採譜したのが、『クーペルヴィーザー・ワルツ』である。

1837年にウィーン美術アカデミーの歴史画の教授になった[3]。1850年にフランツ・ヨーゼフ勲章を受勲し、貴族に序せられた。後年は装飾画を描くことが多かった。

作品

参考文献

  1. Eva Wald: Die Anfänge der Industrie des Wiener Beckens und ihre geographischen Grundlagen. Vienna University dissertation, 1954, Permalink Österreichischer Bibliothekenverbund, pg. 221.
  2. Bernhard Grueber (1883), Kupelwieser, Leopold (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 17, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 405–407
  3. Rupert Feuchtmüller: Kupelwieser, Leopold. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 13, Duncker & Humblot, Berlin 1982, ISBN 3-428-00194-X, S. 312 f. (電子テキスト版).
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.