レイロ

レイロLeiro)はスペインガリシア州オウレンセ県の自治体で、コマルカ・ド・リベイロに属する。ガリシア統計局によると、2013年の人口は1,724人(2010年:1,833人、2003年:1,967人、2004年:1,940人、2009年:1,793人)で、基本的に減少傾向にある[1]

Leiro


サン・クローディオ・デ・レイロ修道院
 ガリシア州
 オウレンセ県
コマルカ オ・リベイロ
司法管轄区 リバダビア
面積 38.3 km² [1]
教区数 9
居住地区数 37
人口 1,724 人 (2013年)[1]
人口密度 45.01 人/km²
ガリシア語率 97.03% (2011年[2]
自治体首長
(2011年)
フランシスコ・ホセ・フェルナンデス・ペレス
(PPdeG)
Leiro
スペイン内レイロの位置
Leiro
オウレンセ県内レイロの位置

北緯42度22分09秒 西経8度07分29秒
レイロ公式サイト

ガリシア州内の位置

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.03%(2001年)。

地理

レイロはオウレンセ県の西部に位置し、コマルカ・ド・リベイロに属する。北はボボラスオ・カルバジーニョと、東はサン・アマーロセンジェと、南はベアーデカルバジェーダ・デ・アビアと、西はアビオンの各自治体と隣接、中心地区はレイロ教区のレイロ地区[3]

レイロはリバダビア司法管轄区に属す[4]

人口

人口は9の教区の37の地区(集落)に居住する[1]

レイロの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[5]、1996年 - [6]

歴史

6世紀にはすでにこの地に農業を基盤とした共同体が存在していたとされる。928年にはアルバロ、サビータなどの伯爵によってアビア川のほとりにベネディクト会のサン・クローディオ修道院(Mosteiro de San Clodio de Leiro)が建立されている。13世紀にはシトー会に組み入れられ、この時代もっとも繁栄した。19世紀にメンディサバルの永代所有財産解放令によって解放された。

また、ベラン、ラマス、セランテス、オレーガ地区はリバダビア伯爵の所領で、ゴマリス地区はサンタ・マリーア・デ・ソブラード・デ・モンシェス修道院(Mosteiro de Santa María de Sobrado dos Monxes)に属していた。

政治

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のフランシスコ・ホセ・フェルナンデス・ペレス(Francisco José Fernández Pérez)、自治体評議員はガリシア国民党:5、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):2、レイロ無所属グループ:1、ガリシア民族主義ブロック(BNG):1となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[7]

1999年6月13日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 996 70.29% 9
BNG 167 11.79% 1
PSdeG-PSOE 145 10.23% 1
AP[8] 101 7.13% 0

首長当選者:フランシスコ・ホセ・フェルナンデス・ペレス(PPdeG)

2003年5月25日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 896 65.07% 8
PSdeG-PSOE 251 18.23% 2
BNG 212 15.40% 1

首長当選者:フランシスコ・ホセ・フェルナンデス・ペレス(PPdeG)

2007年5月27日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 814 60.57% 6
PSdeG-PSOE 346 25.74% 2
BNG 175 13.02% 1

首長当選者:フランシスコ・ホセ・フェルナンデス・ペレス(PPdeG)

2011年5月22日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 718 54.23% 5
PSdeG-PSOE 255 19.26% 2
AIL[9] 218 16.47% 1
BNG 121 9.14% 1

首長当選者:フランシスコ・ホセ・フェルナンデス・ペレス(PPdeG)

史跡・名所

自治体内には6世紀創設のサン・クローディオ修道院がある。この修道院は現在4つ星ホテルとして利用されている。

ロマネスク建築としては、ゴシック様式の飾り天蓋をもつサンタ・マリーア・デ・ラマス、サン・トメ・デ・セランテスの教区教会、16世紀のゴシック様式のファサードをもつゴマリスとレボセンデの教会などがある。サン・ブレイショ・デ・ベラン教会は18世紀のバロック建築の教会で、レイロ教区のサン・ペドロ礼拝堂は17世紀中葉のものである。

教区

レイロは9の教区に分けられる。太字は自治体中心地区のある教区[3]

  • ベラン(サン・ブレイショ)
  • ビエイテ(サント・アドラーオ)
  • ゴマリス(サンタ・マリーア)
  • ラマス(サンタ・マリーア)
  • レボセンデ(サン・ミゲル)
  • レイロ(サン・ペドロ)
  • オレーガ(サン・ショアン)
  • サン・クローディオ(サンタ・マリーア)
  • セランテス(サン・トメ)

参考文献・脚注

  1. IGE(ガリシア統計局 (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2014年7月1日閲覧。
  2. Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública., http://praza.gal/recurso/1263/evolucion-no-uso-do-galego-por-concellos/
  3. Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.14、p.74-76、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5824-3
  4. Ribadavia, partido judicial nº2 de Ourense (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2014年7月1日閲覧。
  5. Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  6. Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  7. Consulta de Resultados Electorales (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2014年7月1日閲覧。
  8. APはAlternativa Progresista。
  9. AILはAgrupación Independiente de Leiro(レイロ無所属グループ)、ローカル政党。


外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.