ルシン語

ルシン語ルシーン語Русиньскый язык)は、ルシン人によって話される言語であり、東スラヴ語群に分類される。セルビアヴォイヴォディナ自治州の公用語の一つ。ウクライナザカルパッチャ州スロバキア東部、ポーランド南東部、そしてハンガリーなどでも用いられている。

ルシン語
Русиньскый язык
話される国 ザカルパッチャ州ウクライナ
スロバキア東部
ポーランド南部
 ハンガリー
 ルーマニア北部
ヴォイヴォディナ自治州セルビア
クロアチア東部
地域 中央ヨーロッパ東ヨーロッパ
話者数 見積もりでは60万[1]
統計上は5万[2]
言語系統
表記体系 キリル文字ラテン文字
公的地位
公用語 セルビアヴォイヴォディナ自治州
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-3 rue
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)

ルシン語はウクライナ語との共通点も多く、そのためにウクライナ語の方言としてみなされているが、話者の中にはルシン語がウクライナ語とは別の独立した言語であると考える者もいる。

言語名別称

  • Carpathian
  • カルパティア=ルシン語 Carpatho-Rusyn
  • ルテニア語 Ruthenian

方言

  • Pryashiv Rusyn (rue-pry)
  • Hutsul (rue-hut)
  • Bačka (rue-bac)
  • Subcarpathian Rusyn (rue-sur)
  • Pannonian Rusyn (rue-par)
  • Dolinian Rusyn (rue-dor)
  • Lemko (rue-lem)
  • Boyko (rue-boy)

アルファベット

Letters and symbols of the Carpatho-Rusyn alphabet
Capital Small Name Translit. 国際音声記号 Notes
Ааaa/a/
Бббыb/b/
Вввыv/v/
Гггыh/ɦ/
Ґґґыg/ɡ/
Дддыd/d/
Ееee/e/
Єєєje/je/
Ёёёjo/ʏ/パンノニア・ルシン語に存在しない
Жжжыž/ʒ/
Зззыz/z/
Иииy/ɪ/
Ііii/i/ パンノニア・ルシン語に存在しない
Ыыыy/ɨ/
Їїїji/ji/
Йййыj/j/
Кккыk/k/
Лллыl/l/
Мммыm/m/
Ннныn/n/
Ооoo/o/
Пппыp/p/
Рррыr/r/
Сссыs/s/
Тттыt/t/
Уууu/u/
Фффыf/f/
Хххыx, ch/x/
Цццыc/ts/
Чччыč/t͡ʃ/
Шшшыš/ʃ/
Щщщыšč/ʃt͡ʃ/
Ѣѣїть/ji/, /i/第二次世界大戦以前に使用されていた
Юююju/ju/
Яяяja/ja/
Ььмнягкый знак (ірь)/ʲ/marks preceding consonant's palatalization
Ъътвердый знак (ір)パンノニア・ルシン語に存在しない

関連項目

脚注

  1. Gordon, Raymond G., Jr., ed (2005). “Ethnologue report for language code:rue (Rusyn)”. Ethnologue: Languages of the World (15th ed.). Dallas, TX: SIL International. ISBN 9781556711596. http://www.ethnologue.com/show_language.asp?code=rue 2007年4月27日閲覧。
  2. 各国の統計局による。
    • スロバキア - 24,201
    • セルビア - 15,626
    • ウクライナ - 6,725
    • クロアチア - 2,337
    • ポーランド - 5,800 アーカイブされたコピー”. 2005年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2005年3月3日閲覧。
    • ハンガリー - 1,098
    • チェコ - 1,106

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.