リーフ共和国

リーフ部族同盟共和国ベルベル語: Tagduda n Arif, アラビア語: جمهورية الريف, 英語: The Republic of the Rif)は第3次リーフ戦争のさなかの1921年9月18日スペイン領モロッコから独立して樹立された国である。1926年スペインフランス連合軍の攻撃により崩壊した。

リーフ部族同盟共和国
جمهورية الريف
1921年 - 1926年
(国旗) (国章)

リーフ地方の位置
公用語 リーフ語
首都 アジール
大統領
1921年 - 1926年 アブド・アルカリーム
人口
1921年550,000人
変遷
成立 1921年9月18日
滅亡1926年5月27日
通貨リーフ共和国リーフェン

歴史

スペインやフランスのモロッコ侵入にたいするベルベル人の激しい抵抗はあったが、ベルベル人は部族間で協力することができず、部族間の争いを繰り返した。1912年のフランスに対する大反乱も、民族国家を樹立することなく1月の間に失敗した。1部族の軍閥であるアブド・アルカリームはリーフ地区(モロッコ最北部の、ジブラルタル海峡から地中海に面した地方)のベルベル人のリーダーとなり、1921年、スペインからリーフの支配権をうばいかえした。

独立の宣言は1921年9月18日になされ、1923年2月1日に正式にリーフ共和国が樹立された。首都はアジールに置かれ、通貨はリーフ共和国リーフェンで人口は15万人の国となり、コミンテルンソビエト連邦の支持を得た。1925年末フランス軍とスペイン軍は50万人の兵力の連合軍を作り、数百台の戦車戦闘機でリーフ共和国を攻撃した。スペイン軍が使用した兵器にはドイツ製の毒ガス兵器もあった。リーフ共和国は1926年5月27日に崩壊した。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.