リードエグジビションジャパン

リード エグジビション ジャパン株式会社は、東京都新宿区に本社を置く国際産業見本市及びセミナーの主催・企画・運営する企業である。イギリスのリードエグジビションレレックス・グループ傘下)の日本法人[2]。通称はリード ジャパン。

リード エグジビション ジャパン株式会社
Reed Exhibitions Japan Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本
163-0570
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル
設立 1986年8月
業種 サービス業
法人番号 7011101022545
事業内容 国際産業見本市及びセミナーの主催・企画・運営
代表者 代表取締役社長 田中岳志
資本金 1億6,300万円
売上高 167億円(2014年)
従業員数 294名
外部リンク https://www.reedexpo.co.jp/
特記事項:*一般社団法人 日本展示会協会(会員企業)[1]

概要

リードエグジビションジャパンは、東京ビッグサイト幕張メッセなどでエレクトロニクス、新エネルギー、素材、自動車、医薬、医療・バイオIT、フラットパネル、ものづくり、農業、宝飾、メガネ、出版、ファッション、雑貨、文具、コンテンツなど等の産業分野の大規模国際見本市を年間約123本(2015年現在)主催、定期開催している。「日本ジュエリーベストドレッサー賞」「日本メガネベストドレッサー賞」開催者。

沿革

  • 1986年(昭和61年)
    • -8月- リード エグジビション ジャパン株式会社設立
  • 1987年(昭和62年)
    • -1月- 「ネプコン ジャパン」定期開催実施
    • -5月- 本社を東京都新宿区(新宿野村ビル)に移転
  • 1988年(昭和63年)
    • -5月- 「国際メガネ展」開始
  • 1990年(平成2年)
    • -3月- 「国際宝飾展」開始
    • -6月- 「設計・製造ソリューション展」開始
    • -9月- 「国際 文具・紙製品展」開始
  • 1991年(平成3年)
    • -7月- 「ファインテック ジャパン」開始
  • 1992年(平成4年)
    • -7月- 「Japan IT Week【春】」開始
  • 1994年(平成6年)
  • 1995年(平成7年)
    • -10月-「出展社のための特別セミナー」開始
  • 1997年(平成9年)
    • -1月- 「国際 電子出版 EXPO」開始
    • -6月- 「神戸 国際宝飾展」「機械要素技術展」開始
  • 1998年(平成10年)
    • -7月- 「組込みシステム開発技術展」開始
    • -9月- 「関西 ものづくり ワールド」開始
  • 1999年(平成11年)
    • -6月- 「インターフェックス ジャパン」を買収し主催開始(見本市の買収は日本初)
  • 2000年(平成12年)
    • -1月- 「半導体パッケージング技術展」「電子部品 EXPO」「プリント配線板 EXPO」開始
  • 2001年(平成13年)
    • -1月- 「Photonix」開始
  • 2002年(平成14年)
    • -5月- 「国際バイオテクノロジー展」開始
  • 2004年(平成16年)
    • -7月- 「情報セキュリティ EXPO【春】」開始
    • -10月-「国際フラワーEXPO」開始
  • 2005年(平成17年)
    • -1月- 「国際 水素・燃料電池展」開始
    • -7月- 「国際 雑貨 EXPO」「オフィス セキュリティ EXPO」開始
  • 2007年(平成19年)
    • -5月- 「Web&モバイル マーケティング EXPO【春】」開始
    • -7月- 「医薬品原料 国際展」「オフィス防災EXPO」開始
    • -10月-「国際ガーデンEXPO」開始
  • 2008年(平成20年)
    • -2月- 「国際太陽電池展」開始
  • 2009年(平成21年)
    • -1月- 「オートモーティブ ワールド」開催
    • -4月- 「ライティングジャパン(照明機器・開発技術)」開始
    • -7月- 「販促 EXPO」「ベビー&キッズ EXPO」開始
  • 2010年(平成22年)
    • -1月- 「EV・HEV 駆動システム技術展」開始
    • -3月- 「国際 二次電池展」「太陽光発電システム施工展」開始
    • -4月- 「高機能フィルム技術展」開始
    • -6月- 「医療機器 開発・製造展」「化粧品開発展」開始
    • -7月- 「教育ITソリューション EXPO」開始
    • -10月-「ファッションワールド 東京【秋】」「関西 医療機器 開発展」開始
    • -11月-「Japan IT Week【秋】」開始(幕張メッセ)
  • 2011年(平成23年)
    • -5月- 「スマートフォン&モバイル EXPO【春】」開始
    • -7月- 「オフィスサービス EXPO」開始
    • -9月- 「GOLD 100 Awards & Summit」(米国:サンフランシスコ) にて石積忠夫社長が展示会大賞受賞[3]
    • -10月-「国際 農業資材 EXPO」「国際 道工具・作業用品 EXPO」開始
  • 2012年(平成24年)
    • -6月- 「国際 化粧品展」開始
    • -7月- 「クリエイター EXPO 東京」開始
    • -10月-「国際 バッグ EXPO【秋】」「国際 シューズ EXPO【秋】」開始
  • 2013年(平成25年)
    • -3月- 「国際 風力発電展」開始
    • -7月- 「コンテンツ東京」「HR EXPO(人事労務・教育・採用支援展)」開始
    • -10月-「国際宝飾展 【秋】 」「関西 高機能素材ワールド」「関西 スマートエネルギー Week」「国際 アパレル EXPO【秋】」開始

関連項目

脚注

  1. 一般社団法人 日本展示会協会 組織図(2015年11月25日 確認)
  2. Corporate profile (英語). Reed Exhibitions Japan. 2015年11月28日閲覧。
  3. 展示会とMICEニュース(Web版)2011年10月11日記事 「石積氏がアジア人初のGold 100 Awards & Summit受賞」(2015年11月25日 確認)

参考文献

  • リードエグジビションジャパン株式会社 会社案内ブック全88項(2015年1月) 2015年11月25日閲覧

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.