リボウィリア

リボウィリアRiboviria)とは、2018年に国際ウイルス分類委員会(ICTV)によって提案された、RNA依存性RNAポリメラーゼないしRNA依存性DNAポリメラーゼ(逆転写酵素)によってゲノムが複製されるウイルスを含むレルムである[1][2][3]リボウイルス界と表記する文献もあるが[4]、ICTVの分類では下位分類として2界が設定されており[5]、レルム自体は界ではない。

リボウィリア
分類ICTV
レルム : リボウィリア Riboviria
下位分類(界)
  • オルトルナウイルス界
    Orthornavirae
  • パラルナウイルス界
    Pararnavirae

ボルティモア分類における、III. 二本鎖RNAウイルス、IV. 一本鎖プラス鎖RNAウイルス、V. 一本鎖マイナス鎖RNAウイルス、更には逆転写過程を含む一部のDNAウイルスまでもを含む非常に多様なグループであるが、単一の共通祖先を有していると考えられている[1][2][3]

分類

2019年に国際ウイルス分類委員会(ICTV)によって提案された分類は以下のとおりである[1]

オルトルナウイルス界

RNA依存性RNAポリメラーゼによって複製されるRNAウイルスを含む。

  • オルトルナウイルス界 Orthornavirae
    • ドゥプロルナウイルス門 Duplornaviricota - 2本鎖RNAゲノムを持つ
    • キトリノウイルス門 Kitrinoviricota - プラス鎖RNAゲノムを持つ真核生物に感染するウイルス
    • レナルウイルス門 Lenarviricota - プラス鎖RNAゲノムを持つ原核生物に感染するウイルス
    • ネガルナウイルス門 Negarnaviricota - マイナス鎖RNAゲノムを持つ
    • ピスウイルス門 Pisuviricota - プラス鎖RNAもしくは2本鎖RNAゲノムを持つ

パラルナウイルス界

レトロウイルスや、レトロトランスポゾン、増殖の過程で逆転写を含むDNAウイルスなどを含む。

  • パラルナウイルス界 Pararnavirae
    • アルトウェルウイルス門 Artverviricota

未分類の科など

  • Polymycoviridae - 二本鎖RNAウイルス
  • サルスロウイルス科 Sarthroviridae - プラス鎖RNAゲノムを持つウイルス
  • Albetovirus
  • Aumaivirus
  • Papanivirus
  • Virtovirus

脚注

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.