リバーサイド千秋

リバーサイド千秋 (リバーサイドせんしゅう) は、新潟県長岡市千秋二丁目にある、ユニーが管理・運営するモール型ショッピングセンター (ウォークモール) である。2019年時点では、新潟県内のショッピングセンターとしてはイオンモール新潟南に次ぐ2番目の店舗面積を有する[2]

リバーサイド千秋[1]
RIVERSIDE SENSHU
本館(2018年9月)
地図
店舗概要
所在地 940-2108
新潟県長岡市千秋二丁目
278番地 (モール・アピタ長岡店)[1]
1087番地1 (センタープラザ)
座標 北緯37度27分38.6秒 東経138度49分36.3秒
開業日 2007年4月17日 (プレオープン)[1]
2007年4月20日 (グランドオープン)[1]
正式名称 リバーサイド千秋
土地所有者 (リース)[1]
施設所有者 ユニー株式会社[1]
施設管理者 ユニー株式会社
設計者 鹿島建設株式会社
長鐵工業株式会社[1]
施工者 鹿島建設株式会社
長鐵工業株式会社[1]
敷地面積 57,549.50 m²[1]
建築面積 27,454.84 m²[1] (建蔽率48%)
延床面積 76,029.8 m²[1] 
※うちアピタ長岡店13,567m2
商業施設面積 38,821 m²[1]
中核店舗 アピタ長岡店[1]
店舗数 アピタと120の専門店[1]
営業時間 [アピタ]9:00-21:00
[専門店]10:00-21:00
[1階リバーサイドアレー]11:00-22:00
駐車台数 2,074台[1]
駐輪台数 191台[1]
商圏人口 約46.6万人 (2007年時点)[1]
最寄駅 長岡駅[1]
最寄バス停 越後交通「センタープラザ前」「日赤病院前」
最寄IC 長岡IC[1]
外部リンク リバーサイド千秋(日本語)

概要

長岡市・信濃川川西の千秋が原(旧信濃川河川敷)南側地区開発の第一期計画として出店が計画され[3]2007年(平成19年)4月20日に開業した。

1・2階を売り場、3階と屋上を駐車場とした鉄骨3階建ての建物で、アピタ長岡店を核として120の専門店(うち48店は県内初出店)が入る形でオープンした[4]。ターゲットは若い世代に当てられている[5][6]

本館の南側、市道を挟んだ隣接地にはT・JOY長岡を核とする別館の「リバーサイド千秋 センタープラザ」と東京インテリア長岡店がある。

このうちセンタープラザは、土地所有者であった越後交通グループの長鐡工業がもともと建物運営を行っていた3階建ての商業施設[7]。2007年11月23日にシネコン部分などが開業し[7]、その後25店舗が出揃い2008年(平成20年)9月19日に全面開業した[8]。しかし2010年(平成22年)2月、長鐵工業がFC運営していた「ラコステ」「セオリー」など8店舗がFC契約解消となり閉店[9]。その後2011年(平成23年)7月29日に施設はユニーへ売却され、本館との一体的な運営方式となった。なお、センタープラザは当初「シネマする街 千秋通り」とも呼ばれていた[8]

本館とセンタープラザは2階部分のペデストリアンデッキで接続している。

東京インテリア長岡店は2019年2月1日にセンタープラザの南隣地において開業した。施設の出店計画自体は2013年6月にユニーと長鐡工業が特定施設新設に係る届出書を新潟県に提出している[10][11]が、運営は東京インテリアが行っている。

関連施設の敷地はいずれも隣接する越後交通の本社が有していた(旧)本社営業所工場の跡地であり、リバーサイド千秋の運営元であるユニーが出店計画や運営に関与している。

名称

当施設はユニーのモール型ショッピングセンター業態の「ウォーク」の一つであるが、名称に「○○ウォーク」と付かない唯一の施設となっている。名称は信濃川の清らかで雄大な流れのイメージを取り「リバーサイド千秋」と命名された。

なお「リバーウォーク」は、北九州市に存在するショッピングモールだが、ユニーとの関係はない。

マスコットキャラクター

当施設には公式マスコットキャラクターとして、サイをイメージした黄緑色の『リバサイくん』(雄)がいる[12]

核店舗・主な専門店

最新の店舗情報はフロアガイドを参照

アピタ長岡店

1階は食料品・衣料品ゾーン、2階にハローズガーデン(アミューズメント)などが出店している。

専門店街

1階は47の専門店のほか、10店舗で構成される飲食店街「リバーサイドアレー」がある[13]。営業時間は午前11時~午後10時。

2階は39の専門店のほか、屋内800席・テラス40席を有する飲食店10店舗のフードコート「フォレストコート」がある[14]。ライフサポートエリアには、子ども向けの英会話教室・パソコン教室と、眼科・歯科、多目的ホール「フェニックスホール」がある[13][14]

センタープラザ(別館)

1階は「スポーツゼビオ」[14]、2階は映画館「T-JOY」[13]が核テナント。

金融・公共機関など

ギャラリー

交通・アクセス方法

他のウォーク

周辺施設

舞台になった作品

脚注

  1. “リバーサイド千秋 開店のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ユニー株式会社, (2007年3月28日), https://web.archive.org/web/20190306234922/https://www.uny.co.jp/corporate/news/2007/pdf/20070328_01.pdf - WayBack Machineによるアーカイブ
  2. SC白書2020 資料編3 都道府県別・市区町村別SC一覧”. 一般社団法人 日本ショッピングセンター協会. p. 68-69. 2021年1月10日閲覧。
  3. “新潟県長岡市、千秋が原1期計画発表―商業施設、来年11月開業”. 日本経済新聞. (2005年9月16日). p. 22 地方経済面 新潟
  4. “新潟・長岡の大型SC、来月20日オープン―ユニー、120の専門店入居”. 日本経済新聞. (2007年3月29日). p. 22 地方経済面 新潟
  5. “リバーサイド千秋 リニューアル 長岡 若者向け充実”. 新潟日報. (2020年3月26日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/economics/20200326533411.html
  6. “SC開業の影響、パート確保難に、長岡商議所調べ―時給格差で”. 日本経済新聞. (2008年3月6日). p. 22 地方経済面 新潟
  7. “長鉄工業、長岡に初のシネコン、20億円投資、商業ビルきょう開業”. 日本経済新聞. (2007年11月23日). p. 22 地方経済面 新潟
  8. “長岡のシネコン・商業ビル、25店そろい全面開業”. 日本経済新聞. (2008年9月20日). p. 22 地方経済面 新潟
  9. “「センタープラザ」内8店、長鉄工業、FC契約解消、経営改善計画の一環で”. 日本経済新聞. (2010年2月6日). p. 22 地方経済面 新潟
  10. 大林組で秋完成へ/東京インテリア家具長岡店”. www.kensetsu-news.co.jp. 北陸工業新聞. 2018年4月20日閲覧。
  11. 地権者と覚書/長岡に東京インテリア/敷地1.2万平方メートル、来年にも着手 (日本語). www.senmonshi.com. 北陸工業新聞. 2018年4月20日閲覧。
  12. リバサイくんのご紹介 (日本語). www.riverside-senshu.com. リバーサイド千秋. 2018年4月20日閲覧。
  13. フロアマップ詳細 1F”. riverside-senshu.com. リバーサイド千秋. 2018年4月27日閲覧。
  14. フロアマップ詳細 2F”. riverside-senshu.com. リバーサイド千秋. 2018年4月27日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.