リガ・フェーデ病

リガ・フェーデ病(リガ・フェーデびょう)とは、慢性刺激口腔潰瘍の一つで、下顎切歯部の尖った切縁で舌小帯舌尖部が外傷を受け、種々の大きさの潰瘍を生じたものと舌下部の肉芽腫線維腫下顎切縁で擦傷を受けて潰瘍を生じたものなどがある。

治癒方法としては、原因の鋭利な切縁研磨や除去などである。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.