ランドサット3号

ランドサット3号(英語: Landsat 3)はアメリカ合衆国地球観測衛星ランドサット計画の3機目の衛星。

ランドサット3号
ランドサット3号
所属 NASA/NOAA
任務 地球観測衛星
周回対象 地球
打上げ日時 1978年3月5日
打上げ機 デルタ2910
打上げ場所 ヴァンデンバーグ空軍基地
第2発射施設W
COSPAR ID 1978-026A
軌道要素
軌道 地球周回軌道太陽同期軌道
軌道傾斜角 99.1°
遠点高度 918km
近点高度 818km
軌道周期 103.16分

1978年3月5日に打ち上げられた。当初の目標は世界的な衛星イメージの保管記録を提供することであった。なお、衛星のデータは露光を反映しておらず、地球表面の放射電磁エネルギー束の記録であったため、写真ではなくイメージと呼ばれるようになった。

ランドサット3号は後のランドサットとは違い主にNASAによって運用された。運用期間は運用設計より1年長く運用が行われ、1983年3月21日に運用を終了した[1]

特徴

ランドサット3号の基本的な設計はランドサット2号に準じており、最大で75mの分解能をもつマルチスペクトルスキャナを搭載していた。以前のランドサット計画の探査機とは違い、熱バンドのスキャナが組み込まれていたが、衛星の投入後短期間で装置が故障している[2]。ランドサット3号は高度約920kmの極軌道に投入され、地球全体の表面をスキャンするのに18日かかった。

  1. United States Geological Survey (2006年8月9日). Landsat 3 History”. 2007年1月16日閲覧。
  2. National Aeronautics and Space Administration (2007年1月10日). The Landsat Program – History – Landsat 3”. 2007年1月16日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.