ラント平和令

ラント平和令(Landfrieden)とは、中世ドイツにおいてフェーデの制限・禁止を発したもの。

概要

中世ドイツにおいて、ラント平和令は幾度も発布された。神聖ローマ帝国全体に及ぶ最古のラント平和令は、1103年に神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世が発したものであった。1235年、皇帝フリードリヒ2世が発した「マインツのラント平和令(Mainzer Landfriede)」は、従来までのラテン語ではなく、ドイツ語によって記述された。1495年ヴォルムス帝国議会(en)で定められた永久ラント平和令は、帝国内における一切のフェーデを否定したもので、これにともなって帝国最高法院が設置されることになった。

関連項目

参考文献

  • 成瀬治ら編 『世界歴史大系 ドイツ史1』 山川出版社、1997年
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.